アプリは勉強に利用するのは当たり前のこととなってきました。

それはアプリを使った学習が効果的があることがわかったからです。

しかし、目的にあっていないアプリを使ったり、

効果の低いものを使っていては効果が上がりません。

そこで当サイトでは勉強に役立つアプリや効果的な使いかたを紹介しています。

小中高の学生の学習に役立つ勉強アプリ

スタディサプリの登場で小中高の学生たちの学習環境は一変したと言ってもいいすぎじゃないかもしれません。

低価格で誰もが質の高い授業をいつでもどこでも受けれるようになりました。

後は授業でインプットしたことをアウトプットするだけです。

そこで当サイトでは教育のレベル別(小中高)にアプリを紹介しています。

教育のレベル別(小中高)にアプリの記事

小学生向け

小学生の子供向けの一般的なアプリを紹介しています。

中学受験を考えている人におすすめのアプリを紹介しています。
子供向けのプログラミングのサービスを紹介しています。

中学生向け

高校生向け

スタディサプリに関する記事

小学生や中学生の成績に効果があるということを紹介した記事です。

小学校4年生~のスタディサプリを低学年が利用するのはどうなのかという記事です。
スタディサプリの中学講座個別指導コースの紹介
スタディサプリの高校講座の紹介記事。

学習を管理するのに役立つアプリ

学習を管理することは、実際に勉強をすること以上に大変で需要です。

目的を達成するために、課題を設定し実行できるようになれば学校の勉強だけではなく仕事でも役立ちます。

そこで当サイトでは、学習を管理するのに役立つ記事を紹介しています。
紹介するアプリは学習管理用のものだけでは無くタスク管理で使われるものも含まれています。

アプリの紹介とアプリを使った勉強の管理方法に関する記事

学習スケジュールなど勉強管理を行うためのアプリ一覧。

暗記アプリを利用した復習スケジュールの管理方法。

効率の良い勉強を行うための暗記アプリに関する特集

勉強で最も重要なことは繰り返し復習することです。

だから反復して学習できることが効率の良い勉強ということになります。

そこで当サイトではユーザーがスケジュールを考えなくても復習のタイミングを教えてくれるアプリや、
様々な学習スタイルを用意することで飽きずに使えるアプリを紹介しています。

英語の学習環境を変えた勉強アプリ

アプリは英語の学習環境を変えてしまいました。

英会話スクールに通わず、アウトプット中心の練習が一人でも効率よく行えるようになったからです。

例えば、以下のようなことです。

  • ネイティブの音声または機械音声で、場所と時間を選ばずリスニングを行えるようになった。
  • 音声認識によって発音の練習が可能になった。

日本人の英語が話せない理由をアウトプットの少なさにあります。

アプリは一人でもアウトプットの練習を容易なものに変えてくれました。

下記の記事では初心者が英語を話せるようになる方法について考察しています。

もちろん、実践のための英会話は必要ですが、自主練を出来るようになったことはものすごく大きな変化です。

これによって日本人はどの年齢からでも英語は身に付けることが出来るようになってきています。

そこで当サイトでは英語学習を助けるアプリを紹介しています。

資格や投資など学校や語学以外の勉強アプリに関する記事

勉強は学校や語学以外にも様々なものがあります。

資格の勉強は学生にとっても社会人にとっても重要です。

また、投資について学ぶことは実際に投資をしなかったとしても経済の仕組みが見えてくるので無駄にはならないと思います。

勉強アプリ関する記事全般

勉強アプリの記事一覧