子供向けプログラミングアプリ・サイト10選

子供にプログラミングを勉強させたいという方のために無料で気軽に始められるアプリとサイトを紹介します。

アプリ一覧のアイコン説明
無料無料で始められるもの
有料有料で無料期間のあるもの
課金有課金しないと全ての機能が使えないもの
高学年 10歳くらいからがおすすめ
低学年 7歳~10歳くらいがおすすめ
幼児 4歳~7歳くらいがおすすめ
アプリスマホやタブレットのアプリで利用できます
サイトウェブサイト上で利用出来ます

おすすめの子供向けプログラミングアプリ・サイト

Scratch

無料低学年高学年 サイト
子供も向けのプログラミング教材としては一番有名です。
対象年齢は9歳〜16歳とされています。
字の設定を『ひらがな』にすればもう少し低い年齢からでも始めることが出来ます。
プログラミングの基本的な考え方は『Scratch』でほぼ習得できますよ。

Viscuit

無料幼児期アプリ
子供向けのプログラミング教育のために無料で提供されているアプリです。
直感的で簡単な操作なので早ければ3歳くらいの子供でも使えます。
パソコン版、アプリ版があります。

google play
Appstore

Scratch Jr

無料幼児アプリ
日本で最もメジャーなビジュアルプログラミング言語「Scratch」の簡易版です。
ほとんど字がないので小さな子供でも簡単に使うことが出来ます。
「Scratch」を始める前にビジュアルプログラミングに慣れるために使ってみるのも有りです。

google play
Appstore

Hour of Code

無料低学年高学年 サイト
Hour of Codeは全世界で1億人が利用する無料のプログラミング学習サイト。
対象年齢は4歳~108歳と幅広すぎです!
ビジュアルプログラミングで初心者でも視覚的に分かるように工夫されています
「アナと雪の女王」のキャラクターも出てくるので、親しみやすいです。

Progate

無料高学年課金有アプリサイト
アプリ版とウェブサイト版があります。
漢字が読めるようになった高学年から利用出来ます。
別に子供向けというわけじゃなく大人もプログラミングの入門として使えるクオリティです。
制限を解除するには月額980円がかかりますが、プログラミングの入門書を買うよりはるかに安いです。

google play
Appstore

GLICODE(グリコード)

無料幼児低学年アプリ
グリコらしく「おかし」で学習できる無料アプリです。
ポッキーをルールに従って並べるだけで、遊びながら『繰り返し』や『条件分岐』といったプログラミングの基礎的な考え方を学習できます。
パソコン版、アプリ版があります。

google play
Appstore

プログラミングゼミ

無料低学年アプリ
見た目が「Scratch」に似たビジュアルプログラミングアプリです。
「Scratch」よりもわかりやすくなっていて小学校1年生くらいから問題なく使えるようになっています。
アプリ版だけでなくパソコン版も用意されています。

google play
Appstore

Lightbot : Code Hour

無料幼児アプリ
ロボットが可愛いプログラミングアプリでロボットに指示を出してステージをクリアするというものです。
命令はブロックにあるイラストで描いてありそれを組み合わせてロボットを動かして行きます。

google play
Appstore

JointApps

無料低学年アプリサイト
実際に自分でアプリを作ったという成功体験が出来るので、プログラミングの楽しさを感じることが出来ます。
作るのはウェブサイトで行って、動作をアプリで確認する感じです。

google play
Appstore

codeSparkアカデミー: キッズコード

無料課金有幼児アプリ
5歳くらいからゲームをしてる間隔でプログラミングを学ぶことの出来るアプリです。

google play
Appstore

まとめ

アプリを使うことでプログラミングを身近に感じることが出来ると思います。
今回、ご紹介したアプリやサイトは全て無料で始めることが可能です。

まずはアプリでプログラミングに慣れさせてみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事子供向けプログラミング教室の3タイプのおすすめを紹介