【資格の勉強】宅建のアプリで理解度チェック【無料】

宅建の勉強をもっと効率よくしたい・・・
紙の問題集じゃ隙間時間が利用できない・・・

そういった悩みにお答えします。

解決方法は宅建の理解度をチェックするのに最適なアプリ『宅建 過去問2022』を利用することです。

この記事では、『宅建 過去問2022』の特徴とオススメの使い方を紹介します。

勉強アプリ『宅建 過去問2022』【無料】

  • 宅建の試験範囲を網羅【理解度のチェックに使える】
  • テンポが良くて進捗状況が分かりやすい
  • すべて無料で利用出来る


出典:AppStore

宅建の試験範囲を網羅【理解度のチェックに使える】

アプリ『宅建 過去問2022』は試験範囲を網羅していて、分野別に理解度をチェックすることが可能です。

問題の数は3067問で2択と4択問題が出題されます。

試験によく出る問題が収録されていて、すべて解説付きで画像なども使われていてわかりやすくなっています。

分野別の問題の他に10年分の過去問があるので最終チェックが可能です。

テンポが良くて進捗状況が分かりやすい

『宅建 過去問2022』は問題を解くのも進捗状況を確認する時間を無駄にしなくて済みます。

すぐに正誤判定がされるのでテンポがものすごくいいです。

問題を間違っても解説が見れるので、何が間違いなのかすぐにわかります。

苦手問題をチェックする機能もあるので、復習に利用すると効率アップです。

どこまで解けたかがグラフで見ることが出来るので進捗状況が一目で確認可能です。

すべて無料で利用出来る

『宅建 過去問2022』はすべての機能が無料で利用出来ます。

無料な分、広告が表示されます。

問題が解き終わった後などに大き目の広告が表示されますがそこまでストレスは感じないかと思います。

『宅建 過去問2022』を使って効率よく勉強する方法

『宅建 過去問2022』は理解度のチェックと復習のために使うものになります。

なぜなら、『宅建 過去問2022』はシンプルな問題集アプリだからです。

参考書などで内容を理解したうえで使うのが効果的です。

効率的に勉強をする手順は以下の通りです。

  1. 参考書の内容を理解して覚える
  2. 『宅建 過去問2022』を使って理解度をチェック
  3. 間違えた箇所や理解度が怪しかった問題にチェック
  4. チェックした箇所を復習

これを完全な記憶になるまで繰り返します。

参考書での学習でなかなか頭に入らないならオンラインで授業動画が見放題のスタディング 宅建士講座などを活用するのもアリですよ。

スマホだけで勉強できるので隙間時間の学習の効率が良くなります。

アプリ『宅建 過去問2022』の動作環境とダウンロード

  • iOS 搭載のiPhoneやiPad。
  • Android搭載のスマートフォンやタブレット。
Appstore
google play

アプリ『宅建 過去問2022』を使う時の注意点

このアプリを使って合格を逃す人の特徴は以下の通りです。

  • 反復回数が少なくて試験の時に内容を思い出せない
  • アプリでしか勉強をしていない
  • 過去問を解いた時の成績が45問未満

反復回数が少なくて試験の時に内容を思い出せない

アプリで問題を1回か2回やってお終いだと、本番で思い出せないかもしれません。

アプリの良さはテンポの良さなので、繰り返し練習しましょう。

アプリでしか勉強をしていない

アプリが無料で使えるからと言って、参考書無しというのはおすすめしません。

アプリ内の解説は文字だけで難しい言葉が入っているのでイメージしにくいものもあります。

出来るだけイメージしやすいカラーで写真やイラストを使ったものを教科書に選んだほうがいいですよ。

例えば以下のような本は、シンプルでわかりやすいのでおすすめです。

難しい言葉で書かれたものを現実のイメージと重ねることが出来ます。

参考書で覚えた内容をチェックするためにこのアプリを使い何度も繰り返せば合格する可能性は高まります。

過去問を解いた時の成績が45問未満

リラックスした環境ではほぼ満点に近い点数をとれるようにしておくと安心ですよ。

まとめ

書いて覚えるよりもアプリのほうがはるかにテンポよく問題を解くことが可能です。

また隙間時間やリラックスした状態で解くことも出来ます。

効率よく宅建の勉強をしたい方はアプリ『宅建 過去問2022』を利用してみてはいかがでしょうか?

さらに効率を上げたい方へオススメのアプリやサービス