基本情報技術者試験講座

スタディング基本情報技術者試験講座が気になってるんだけど・・・
効果はあるのかな?

こういった疑問にお答えします。

スタディング基本情報技術者試験講座とは?

  • 理解するための映像講義やテキスト
  • 定着させるための一問一答や過去問での学習
  • さらに正答率や進捗率が一目でわかるレポート
  • 勉強管理

これらが一つにまとめられたオールインワンサービスです。

スマホやタブレット、パソコンなどインターネットにつなぐことができる様々なデバイスで学習可能。

勉強が快適で効果的なものになります。

合格に少しでも近づけたいなら、無料講座で使い勝手を試す価値はありますよ。

スタディング基本情報技術者試験講座の合格に近づく5つのメリット

スタディング基本情報技術者試験講座のメリットは以下の通りです。

メリット①動画講座で理解しやすく、演習で身につく

学習の王道パターン
これまでほとんどの人が、

  1. 授業を受けて理解し
  2. 教科書や参考書で理解を深め
  3. 問題集などでアウトプットする

という王道の学習を長年やってきたはずです。

とくに初見のものに関しては授業を受けたほうが理解し易いです。

スタディングではこの王道パターンで学習できます。

授業の後はすぐに問題へと移るスモールステップで身につきやすくなっています。

講義→スマート問題集(○×型一問一答)

メリット②過去問での学習がスムーズ

以下のよう理由で学びやすくなっています。

  • セレクト過去問題集 よく出るテーマに絞って出題
  • AI検索で該当するWebテキストがすぐ見つかる

基本情報技術者試験には膨大な量の過去問があり、絞り込まないと大変な量をこなすことになります。

そこでスタディングのセレクト過去問題集では、よく出るものだけを繰り返し学習できるので効率良く問題へのアプローチが学べます。

また、問題の中でわからないキーワードなどがあった場合、AI検索でテキストの該当箇所を簡単に発見できます。

メリット③テキスト自体が自分用の暗記ツールになる

スタディングではWebテキストをマイノートにコピー可能です。

そしてマイノートにはマーカーで隠したい文字列を隠す機能があります。

これらを使うと

  1. 過去問題集でわからないところをAI検索
  2. 該当箇所のWebテキストを表示
  3. Webテキストをマイノートにコピー
  4. キーワードなどをマーカーで隠す

といったことが出来ます。

こういった感じで自分用の暗記ツールを簡単に作ることが出来ます。

メリット④午前と午後両方の対策が出来る【科目A,科目B試験対応】

午前の試験と午後の試験の両方ともアプリで対応可能。

2023年4月からの科目A試験、科目B試験にも対応しています。

メリット⑤データが見やすく現在のスコア予想まで出来る

スタディング基本情報技術者試験講座では、現在の予測スコアをリアルタイムに把握できます。

また、科目別や、さらに詳細な単元別のスコアも見ることが可能。

苦手な単元を把握して、効率的に学習できます。

スタディング基本情報技術者試験講座の気になるデメリット

以下の通りです。

デメリット①紙の書籍での学習が好きな人には合わないかも

Webテキストのみなので書籍での学習を好むひとには合わないかもしれません。

ただ、印刷可能なので印刷コストの低いプリンタがあるなら印刷して紙での学習もアリです。

市販の書籍を別で買うというのもいいですが、スタディングのWebテキストはかなりわかりやすいですよ。

デメリット②質問が出来ない

基本情報技術者試験講座には質問をする機能はありません。

暗記の比重が大きいこの試験ではそれほど質問したいことは多くないと思います。

スタディング基本情報技術者試験講座の使い方・学び方

資格の勉強はインプットとアウトプットの繰り返し

  • あらゆるデバイスを使う
  • スキマ時間を活用する

ということをしながらインプットとアウトプットの繰り返しを試験まで続けるだけです。

スマホだけで学習できるので、ほんの少しのスキマ時間もフル活用可能です。

学習の流れは

  1. 学習フローに沿って講座を聞く
  2. 講座に対応した問題を解く
  3. AI復習問題を解く
  4. 理解出来なかったものを講座・テキストで理解

何度も間違えたりする問題は、該当箇所のWebテキストをマイノートにコピーしておけば、重点的に復習可能です。

スタディング基本情報技術者試験講座の質問・注意点

勉強時間はどれくらい?スタディングで短くなる?

一般的にIT資格初心者の状態から200時間くらいと言われています。

IT関係に強い人なら、50時間くらいでいけることもありますが200時間くらいは必要だと考えてるくらいがちょうどいいです。

スタディングで短くなる可能性もありますが、それ以上にスキマ時間を有効活用しやすいことが合格に繋がりやすいと思います。

IT資格初心者でもスタディングは使える

ITパスポートもセットになったコースで初心者でも問題なく使えます。

ただ、IT資格が初めてでも仕事や日常生活の中で、十分な知識がある場合は通常のコースでもOKです。

試しに以下のサイトの問題をいくつか解いてみるとわかりやすいです。

ITパスポート過去問道場

より効果的に学ぶには何が必要?

とくにスタディングだからというものでは無いですが以下のものがあるといいと思います。

  • パソコン
  • プリンター【紙で学びたい人】

スタディングがどうという問題じゃなく、基本情報技術者試験をパソコン無しで受かったという人は小数です。

安いものでもいいのでパソコンはあったほうがいいですよ。

また、たくさん印刷する人は、プリンターもあったほうがいいですよ。

印刷しなくても全然問題は無いですけどね。

料金は安くなる?クーポン・学割

STUDYing(スタディング)の料金はクーポンとキャンペーンで割引きされます。

クーポンとキャンペーンは併用可能ですので、両方使うとかなりお得です。

また、学割クーポンを貰うには学校のメールアドレスか学生証などが必要です。

スタディング基本情報技術者試験講座がおすすめな人

以下の通りです。

  • まとまった時間がとれない人
  • アプリでの学習が合っている人重要
  • 文章だけでは理解できない人
  • 絶対に落ちたく無い人

アプリでの学習が合わないという人でなければ、だいたいの人には効果があると思います。

以上のような条件にいくつかマッチするなら、あとは価格が予算の範囲内かどうかだけです。

スタディング基本情報技術者試験講座の口コミ、評判

スタディングのアプリの評価は

AppStore 4.6
GooglePlay 4.4

有料の資格学習のアプリとしては、トップレベルです。

どんな口コミが多いかと言うと

  • スキマ時間を活用しやすい
  • 動画講義がわかりやすい
  • スタディングだけで合格できる
  • 進捗がわかりやすいのでモチベーションが保てる

といった感じです。

あまり悪い口コミは見当たりません。

Twitterの口コミは以下のような感じです。

>>スタディングの口コミに関する記事をチェック

スタディング基本情報技術者試験講座のまとめ

本記事ではデモトレードアプリ「スタディング基本情報技術者試験講座」について解説しました。

「スタディング基本情報技術者試験講座」の魅力は以下の通り

アプリでの学習が向いている人におすすめのサービスです。

無料講座で試すことができるので、気軽にチャレンジしてみましょう。