スタディングの評判・口コミ

CMでも見るようになったスタディングが気になる!
資格の勉強に使えるのかな?
合格できるのかな?

こんな疑問にお答えします。

スタディングはただの資格の通信講座ではなく、合格に必要なものが一つに詰まったオールインワンアプリです。

  • 「資格を取りたいけど、勉強する時間がない・・・」
  • 「もっと効率よく学びたい!」
  • 「なかなか勉強が続かない」

という人におすすめ。

この記事では、評判や口コミを実際に使用して検証し、本当のメリット・デメリットと使い方を解説します。

【結論】最高の学びやすさの資格対策サービス

STUDYing(スタディング)』は 資格試験に必要な対策をオンラインオールインワンにしたサービスです。

オールインワンにすることで「教材を用意する」「次は何をやるべきか?を考える」といった面倒なことを省き、学びやすさを追求。

価格も業界最安水準で、お祝い制度クーポンでさらにお得になるのも魅力。

学びやすさ、わかりやすさ、安さ」で徹底的に学習者に寄り添ったサービスと言えます。

とりあえず無料体験講座を試してみる価値はありますよ。

\学びやすい、わかりやすい、安い/

※無料体験はメールアドレスのみでOK

それではスタディングがあなたに合っているのかチェックしていきましょう。

STUDYing(スタディング)とは?【「学びやすい・わかりやすい・安い」オンライン資格講座】

続けやすい

  • スモールステップ
  • 勉強仲間SNS
スキマ時間をフル活用

  • 必要が学習が一まとめ
  • スマホ一つで学習可能
学習効率がいい

  • AI復習問題
  • 最適な学習フロー

と言った特長の資格学習サービスです。

アプリの評価は以下の通り

AppStore 4.6
GooglePlay 4.4

(2022年11月に確認)
これは有料サービスのアプリとしては、トップクラスです。

講座一覧 中小企業診断士
技術士
販売士
危険物取扱者
メンタルヘルス・マネジメント®検定
司法試験・予備試験
司法書士
行政書士
弁理士
ビジネス実務法務検定試験®
知的財産管理技能検定®
個人情報保護士
社会保険労務士
税理士
簿記
FP
外務員
貸金業務取扱主任者
宅建士
マンション管理士/管理業務主任者
賃貸不動産経営管理士
建築士
ITパスポート
基本情報技術者
応用情報技術者
ITストラテジスト
公務員
TOEIC® TEST
コンサルタント養成講座
看護師国家試験
登録販売者
主な内容・機能 基本講座
Webテキスト
スマート問題集
セレクト過去問題集
その他講座ごとの対策
AI問題復習
AI検索機能
学習フロー
学習レポート
マルチデバイス
暗記ツール機能
メモ機能
マイノート機能
勉強仲間機能
保有資格登録機能

スタディングの機能の説明>>

STUDYing(スタディング)は、短期合格者の学習法や心理学などを研究し、独自に開発した勉強法「スタディングメソッド」で効率よく学ぶことが可能。

従来のスクールへの通学や、通信講座、参考書で問題となる

  • 教室に通えない
  • テキストだけではわかりにくい
  • 受講料が高い

といった問題をクリアし資格取得を目指す学習者に寄り添ったサービスになっています。

スタディングメソッドについてもっと詳しく>>

目次に戻る▲

『STUDYing(スタディング)』の悪い口コミ・評判


それでは早速『スタディング』の評判を見ていきましょう。

悪い口コミ・評判をまとめると下記のとおりです。

一つずつ順番に紹介していきます。

質問できない

質問が出来ないことよりも、論文の添削の有無が重要です。
ただ、多くの場合は型通りに論文を書けばOKです。

紙のテキストがない

書籍メインで学習してきた人のほうが多いですからね。場合によっては市販の書籍と併用するのもアリです。

問題数不足

短期間で合格点が取れるように、問題が絞り込まれています。必要であれば他で過去問が解ける教材を用意したほうがいいかもしれません。

目次に戻る▲

『STUDYing(スタディング)』の良い口コミ・評判


スタディングの良い口コミを見てみましょう。

スキマ時間が活用しやすい

公式サイトでも口コミでもスキマ時間を使いやすいという評判です。
Twitterの口コミは以下のような感じです。

インプットもアウトプットもスマホで出来るので、時間を無駄にしなくてすみます。

AI問題復習で覚えやすい

「AI復習問題」に関するTwitterの評判・口コミを見てみましょう。

復習も含めて計画的に勉強するのって大変なので、AIが勝手にやってくれてすごく助かります。

マイノートが役に立つ

「マイノート」に関するTwitterの評判・口コミを見てみましょう。

スタディングのテキストだけじゃなく、外部のブログなどもコピー出来ちゃいます。

スタディングのマイノート使ってみた

スタディング以外のコンテンツの内容でも暗記マーカーはちゃんと使えますよ。

勉強仲間が刺激になる

SNSで学習のモチベーションを維持するのが当たり前になってきましたね。

料金が安い

スタディングの料金は業界最安水準です。

目次に戻る▲

『STUDYing(スタディング)』のデメリット

ここからはスタディングのメリット・デメリットを紹介します。

一つずつ順番に解説します。

質問・添削が出来ない

質問が出来ない
『STUDYing(スタディング)』には一部の講座を除いて質問機能がありません。

問題に該当する講義の場所へ簡単に移動できるようになっています。

また、スタディング内で解決できなくても、資格試験の問題に関する内容であれば、検索すればわかりやすい解説が見つかるはずです。

論文に関してもほとんどの場合は型を覚えれば、書けるようになります。

添削が必要なら、他のサービスで単品購入したり、ココナラで発注するという手もあります。

紙のテキストが無い

『STUDYing(スタディング)』には一部の講座を除いて、紙のテキストがありません。

これまで書籍での学習がメインで、スマホやパソコンでの学習が苦手という人は諦めるしかないです。

アプリでの学習に抵抗がないなら、STUDYing(スタディング)は超おすすめです。

目次に戻る▲

『STUDYing(スタディング)』のメリット

続いて、『STUDYing(スタディング)』のメリットを紹介します。

一つずつ順番に解説します。

スタディングのメリット①隙間時間が使える

スキマ時間を有効活用できる

授業も問題集も進捗管理もすべて一つのサービスで完結。

だから、インプットの学習もアウトプットの学習もスマホでOK。

また、複数のデバイスで利用可能なので家ではパソコン、移動中はスマホと学び方を変えることも可能。

スキマ時間を有効活用しながら、状況に応じてベストな学習を行うことができます。

スタディングのメリット②学習フローでやることが明確


学習フローは

ガイドに従うだけで最も効率的な順番で学べる機能。

何をやるかいちいち考えなくても最も効率の良い順番で勉強することが可能です。

スタディングのメリット③「AI問題復習」で復習のタイミングを考えなくていい

AI復習問題
AI問題復習は

AIが復習のタイミングを設定、復習するべき問題を自動で出題する機能

資格試験は膨大な量の知識を記憶する必要があるので、忘れることを前提に行う必要があります。

ただ、忘れないように復習のタイミングを計画するのは凄く面倒です。

そこでスタディングの「AI問題復習」機能なら、AIが復習するべき問題を出題してくれます。

おかげで勉強に専念して効率良く学べます。

『AI問題復習』の気になる質問とその対処法・使い方

AI問題復習はちゃんと設定しないと復習するべき問題が多すぎで先に進めないということが起こります。


問題の数を調整することで解決です。

  • ノルマの設定を変える
  • 復習より一通り終わらせることを優先する

一日あたりの問題数や出題間隔を設定できます。

スタディングのメリット④わかりやすく学びやすい講義


『STUDYing(スタディング)』の講義は

  • スライド式でイラストや図をたくさん使ってわかりやすい
  • 授業の時間がわかりやすさを失わないギリギリの長さ
  • Webテキストは動画に沿ったもの

といった感じです。

講義は噛み砕いてわかりやすくすると時間が長くなり、短くしようとすると言葉が足りずわかりにくくなります。 

講義が長くなると、アウトプットするまでの時間が空きすぎてしまいます。

ですが『STUDYing(スタディング)』の講義の時間はわかりやすさと学びやすさを両立した絶妙のバランスです。

動画を見てもわからないことが出てきた時はググるかYouTubeで検索すれば、とことん噛み砕いた説明が見つかるはずです。

スタディングのメリット⑤進捗状況がわかりやすい

進捗状況がわかりやすい
スタディングでは

  • 学習時間
  • 進捗状況

が自動的に集計されます。

それをもとにわかりやすいグラフと数値で表示されるため、現在の自分の立ち位置がよくわかります。

闇雲に学習するよりも、自分の立ち位置や成長が目に見えるほうがモチベーションが維持しやすいです。

スタディングのメリット⑥「勉強仲間機能」でやる気UP

スタディングには『勉強仲間機能』というSNS機能があります。

人は社会的な動物なので人の目を意識すると、「やらなければならない」と感じるようになっています。

疑似的なものでも効果があるので、SNSはちょうどいいツールというわけです。

また

  • 同じ講座を受講している仲間がどれくらい勉強しているかがわかる
  • 孤独を感じなくて済む

といったメリットもあり、勉強の習慣化に役立ちます。

スタディングのメリット⑦料金が安い

料金が安い
スタディングの講座は全体的に安いと評判ですが実際にどうなのか見ていきます。

司法試験の他の低価格の講座と比べるとこんな感じです。

サービス名 料金
STUDYing 128,000円
アガルート 691,614円
資格スクエア 703,780円

圧倒的な安さですね。

目次に戻る▲

まとめ:STUDYing(スタディング)はおすすめ


今回は『STUDYing(スタディング)』の口コミ・評判、メリット・デメリットを紹介しました。

結論をまとめると「学びやすさ、わかりやすさ、安さ」で、圧倒的なメリットがある魅力的なサービスです。

カードの登録なども不要で無料で講座を体験できるのも良心的です。

何か資格を取得しようと考えている方はぜひ試してみてください。

\学びやすい、わかりやすい、安い/

※無料体験はメールアドレスのみでOK