※このページにはPR、広告があります
基本情報技術者試験のおすすめ対策アプリ
※この記事にはプロモーション、広告が含まれています。

職場(就職予定含む)・学校で受けることになった!
知識の整理ついでに受けてみようかな?

こういった基本情報技術者試験を受ける予定の方にアプリを利用した学習をおすすめします。

理由はアプリを使えばかなりのスピードで過去問を解いていくことが出来るからです。

また、過去問の出題率が高いので、過去問を完璧にすれば合格点を超える可能性が高くなります。

アプリで高速で過去問を網羅するのが効率的というわけです。

というわけでこの記事では基本情報技術者試験のおすすめのアプリとそれを使った効率的な勉強法について解説します。

2023年の新試験制度にはスタディング基本情報技術者講座が既に対応しています。

基本情報技術者試験の[科目A][科目B]の対策おすすめアプリ

基本情報技術者試験対策が出来るアプリを紹介します。

ここで紹介するのは直接試験対策になるものです。

スタディング 基本情報技術者試験講座

午前[科目A]の対策も午後[科目B]のインプットもアウトプットもこれ一つで完結するので隙間時間をフル活用できます。

図やイラストを用いたわかりやすい動画講義で初学者でも安心。

時間の無い人には特におすすめです

特長
  • 無料お試しだけでも役に立つ(体験はカード不要なので自動課金無し)
  • スマホで学習が完結するので隙間時間をフル活用可能
  • 学習フローとAIでいつ何をやるべきか考える必要がない
  • 勉強SNSやスタディングチャレンジなど継続する仕組みが豊富
  • 現在の力をスコアにしてくれるので立ち位置がわかりやすい

おすすめの使い方

教材だけでなく学習管理もサービス内で完結しているので、フロー通りに学習すればOKです。

  1. 学習フローに沿って動画を見て問題を解く
  2. AI問題復習が教えてくれるタイミングで復習する
  3. 試験のちょっと前に直前模試を行う

といった感じです。

スコア診断で合格出来そうかどうかが判断できるので、実力がついてから試験に挑めます。

無料体験カードの登録不要で気軽に試せるので良心的です。

\わかりやすい、学びやすい、安い/

※無料体験はメールアドレスまたはソーシャルIDでOK

評価 AppStore ★4.6
Google Play ★4.1
問題数 スマート問題集 70回 705問
セレクト過去問題集(科目A試験)17回 246問
直前対策模試 科目A・B各1回 科目A:60問・科目B:20問
科目B試験対策問題集 アルゴリズムとプログラミング 1回 16問
情報セキュリティ 1回 4問
出題形式 過去問(科目A,科目B)、一問一答(科目A)、模試(科目A,科目B)
解説 詳しい・動画
復習 AIが最適なタイミングで問題を提案
料金 ~ 43,800円(キャンペーンやクーポンでさらに安くなる)
動作環境 iOS(iPhone,iPad等)またはAndroid搭載のスマホまたはタブレット、ブラウザ

>>スタディング基本情報技術者試験のレビュー記事

基本情報技術者試験(科目A・科目B)全問解説

基本情報技術者試験(科目A・科目B)全問解説
出典:AppStore

無料で基本情報技術者(科目A 科目B)新形式に対応したアプリです。

分野別ドリル832問があり、テキストや講座などのインプットにあわせて使いやすくなっています。

テンポ良くインプットにあわせてアウトプット

がしたい人におすすめ。

特長
  • 無料で利用可能(広告あり)
  • デザインはシンプル
  • 一回の学習が5問ずつ
  • テンポがいい
  • 間違えた問題や気になる問題などをマークできる
  • 細かく分野別になっているので学習しやすい
  • 全問に解説

おすすめの使い方

テキストや講義でインプットした単元にあわせて問題を解いてアウトプットする。

といった使い方がおすすめ。

一回の学習(5問)を全問正解するまで行うということを繰り返せばOK。

例えば、たとえばテキストで離散数学の単元を学習したら
離散数学
このアプリで離散数学の問題を解くといった感じです。

無料で分野別で進捗が見やすい、問題集アプリはこれでOK!
一回の学習が5問ずつなので気軽にスキマ時間に使えます。
評価 AppStore ★4.7
Google Play ★4.4
問題数 分野別832問+過去問11回
出題形式 過去問(科目A、科目B)
解説 詳しい
復習 チェック
料金 無料(広告あり)
内部課金 500円(広告非表示)
動作環境 iOS(iPhone,iPad等)またはAndroid搭載のスマホまたはタブレット
基本情報技術者試験(科目A・科目B)全問解説

基本情報技術者試験(科目A・科目B)全問解説

Trips LLC無料posted withアプリーチ

全問解説付 基本情報技術者 科目A 一問一答問題集

全問解説付-基本情報技術者-科目A-一問一答問題集
出典:AppStore

解説が詳しく重要問題だけに絞った基本情報技術者試験の問題集アプリです

380問だけなので簡単に終わらせることが可能。

最小限の問題を解き、最速合格ラインを超えたい

という人におすすめです。

特長
  • 重要問題だけを出題(380問)
  • 解説が詳しい
  • 分野単元別にわかれている

おすすめの使い方

時短したい場合は初見の問題は、

  1. 問題に答えたらすぐに解説を読む
  2. 設問に戻って解答の根拠が言えるかチェックする

といった使い方もありです。

全問解説付 基本情報技術者 科目A 一問一答問題集の解説・設問のタブ

このようにタブで問題文と解説を行き来しやすいので、解答の根拠があってるかチェックしやすくなっています。

Kindleで同じ内容の書籍を利用することが出来ます。
評価 AppStore ★4.6
問題数 380問
出題形式 過去問(科目A)
解説 詳しい
復習 チェック
料金 無料(機能制限あり)
内部課金あり 800円(機能制限解除)
動作環境 iOS(iPhone,iPad等)
全問解説付 基本情報技術者 科目A 一問一答問題集

全問解説付 基本情報技術者 科目A 一問一答問題集

Tokyo Interactive無料posted withアプリーチ

2024年版 基本情報技術者問題集(全問解説付)

2024年版-基本情報技術者試験問題集-全問解説
出典:AppStore

解いた日付が見やすく、復習のタイミングが計りやすい問題集アプリ。

問題を解いた時間を意識して復習したい

人におすすめです。

特長
  • 問題数が多い
  • 解説が詳しい
  • 解いた日付が見やすい

おすすめの使い方

細かく単元が分かれているわけではないので、

  1. 年度別に過去問を解く
  2. 解いた日付を見ながら復習して記憶に定着させていく

という使い方がおすすめです。

評価 AppStore ★4.4
Google Play ★4.6
問題数 科目A 1120問以上
出題形式 過去問(科目A)
解説 あり
復習 チェック
料金 無料(広告あり)
有料版(Android) 150円(広告非表示)
動作環境 iOS(iPhone,iPad等)またはAndroid搭載のスマホまたはタブレット
2024年版 基本情報技術者試験問題集(全問解説)

2024年版 基本情報技術者試験問題集(全問解説)

Yasuo Nishimura無料posted withアプリーチ

基本情報技術者試験ドットコム(過去問道場)

基本情報技術者試験の過去問題(2720問)と科目Bのサンプル問題が解ける完全解説付きのWeb問題集

圧倒的な問題数でさらに登録(無料)することで達成度や学習履歴を見ることが可能。

詳細な分野が表示されているので、教科書と併せて学習しやすくなっています。

WebアプリOKインプットにあわせたい、模擬試験がしたい

という人におすすめです。

特長
  • 無料
  • 解説が詳しい
  • 登録することで達成度をチェック可能
  • 登録することで学習履歴をチェック可能
  • 分野の年度を同時に指定して出題可能
  • 約2400問以上の問題を収録
  • 模擬試験形式で出題可能

おすすめの使い方

テキストの進捗にあわせて分野を指定し、直近6期分の問題を解くといった使い方がおすすめ。

問題数が多い単元(セキュリティなど)は1期分ずつ出題すれば、一回の学習の負荷を下げることが可能。

問題数 2500問~
出題形式 過去問(科目A)、サンプル問題(科目B)
解説 詳しい
復習 チェック
料金 無料(広告あり)
サブスク 月額490円(広告非表示、追加機能)
動作環境 iOS(iPhone,iPad等)またはAndroid搭載のスマホまたはタブレット、ブラウザ

基本情報技術者試験の過去問やその詳しい解説が利用できます。

Udemy

初心者からプロまで使う動画教材。

各単元ごとの解説でスムーズに概念や用語や解法を理解できます。

とくに初心者は、書籍のみよりも映像と声による解説のほうがわかりやすい。

ただの映像授業ではなく質問もできて、試験直前に新情報が入った場合などにお知らせがあることも(講座による)。

講座の価格が2000円を切るようなセールがよく行われているのでチェックしてみてください(違ったらまたの機会にしましょう。急ぎで無ければ)

どの講座がいいかは各コース内のサンプルをチェック可能。

特長
  • 映像授業で理解しやすい
  • 質問することもできる(講座による)
  • 頻繁に更新されるので、市販のテキストよりも情報が新しい
  • オーディオブックのように使うのもあり
  • 単元ごとに基礎の理解から過去問まで対応

おすすめの使い方

Udemyでインプットしたらアプリ等でアウトプットすればOKです。

動画講義の後にチェックテストがあるものを使えば効率よく学べます。

[科目B]にも対応しています。

評価 AppStore ★4.4
Google Play ★4.4
問題数 講座による
出題形式 過去問
解説 詳しい・動画
復習 なし
料金 1,200円~(講座による)
動作環境 iOS(iPhone,iPad等)またはAndroid搭載のスマホまたはタブレット、ブラウザ
Udemy Online Video Courses

Udemy Online Video Courses

Udemy無料posted withアプリーチ

Udemyを使った資格の勉強方法とメリットを徹底解説【おすすめも紹介】」で紹介しているのでチェックして見てください

科目Aも科目Bもまとめて対策したい場合はスタディングもありますよ。

目次へ戻る▲

基本情報技術者試験対策アプリを使った勉強法

アプリを勉強に使う方法
基本情報技術者試験の学習の流れは

といった学習の王道パターンです。

基本的には、

インプット」と「アウトプット」を繰り返し、しっかりと「復習」すればOK

それではそれぞれのステップでの勉強法について見ていきます。

授業・講義や教科書・参考書でインプットする

わかる
教科書や講義で単元ごとに理解していきます。

概念・本質を理解していないと安定して問題を解くことが出来ません。

ただ、一回で理解できなくてもOKなので、最初は気にせず進めるのがコツ。

インプット時のアプリの活用法
  • 映像授業でテキストのよりわかりやすくする
  • 移動中に講義動画の音だけで理解する
  • 実践型のアプリでプログラミングを手軽に試す(科目Bに有効)

スタディングUdemyなら専用アプリがあるため隙間時間でもインプットしやすいです。

基本情報技術者試験のインプット用の教材:テキスト・参考書

アウトプット:アプリや問題集で用語や解法の暗記

資格の勉強はインプットとアウトプットの繰り返し
インプットしたらすぐにアウトプットしてスモールステップで進めて行くのが効率がいいです。

  1. 理解する
  2. 問題を解く
  3. 出来た!

このサイクルを小さく何度も繰り返すと達成感も得られるし、覚えやすいです。

解答後、解説を読んでもわからないものは授業や教科書に戻ればOK。

最終的には正解できるようになるだけではなく、問われていることと、答えの根拠を言えるようにしましょう。

単元ごとにアウトプットが終わったら復習の計画が必要です。

アウトプット時のアプリの活用法
  • 問題集アプリで高速で問題を解く(答え合わせや仕分けが自動なので速い)
  • 学習結果から苦手をチェック
  • 学習管理アプリや暗記アプリで復習スケジュールを自動化

基本情報技術者対策アプリ一覧へ>>

先に問題と解説を見て、何が問われるのかを抑えるのもアリですよ。

模試やテスト:抜け漏れ・弱点を探す

アプリや問題集で解いているならほとんど一度やったことのある問題なので、ほぼ出来るはずです。

  • 現在の実力のチェック
  • 弱点の発見
  • 慣れ

が目的です。

ここでもわからないことがあればテキストや授業に戻りましょう。

本番を想定したテストもやっておきましょう。

模試・テスト時のアプリの活用法
  • 過去問をランダムで出題できるアプリで疑似的な模試を行う
  • 間違えた問題だけを自動で抽出し解きなおす

過去問道場で模擬試験型式が簡単です。

アプリを使わずに午前の一問一答をやると、時間がかかりすぎます。
アプリを使った学習で時短したほうが良いですよ。

目次へ戻る▲

基本情報技術者試験の午後[科目B]に役立つアプリ

午後の対策はアプリで出来ることは少ないです。

午後の対策の基本は以下の通りです。

  • 午前の問題を解きながら知識を身に付ける
  • アルゴリズムの学習
  • 過去問で慣れる

プログラミング言語やアルゴリズムの入門レベルならアプリで学ぶことが出来ます。

アルゴリズム図鑑

アルゴリズム図鑑

アルゴリズム図鑑

Moriteru Ishida無料posted withアプリーチ

アニメーションと丁寧な解説でアルゴリズムの働きがよくわかるアプリです。

すべてのアルゴリズムを見るには課金が必要ですが370円と安いです。

実験モードで動きを見ることで「ああ、そういうことか」と理解できます。

目次へ戻る▲

基本情報技術者試験の勉強管理に使うアプリ

公務員試験の勉強管理に使うアプリ
資格試験は闇雲に勉強をすればいいというものじゃありません。

効率よく学ぶためにはスケジュール管理や学習環境を改善するようなものも必要です。

そこで勉強を管理して学習効率をあげる4つのアプリを紹介します。

ひとつひとつ見ていきますね。

スタディプラス

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に

Studyplus Inc.無料posted withアプリーチ

勉強管理アプリの定番で資格の勉強でもよく利用されています。

特長
  • 教材がブレない
  • 多くの人が使っている
  • 人気の教材がわかる
  • 無料で使える

教材を登録して学習時間を記録しておくだけでも、ブレや偏りは防げます。

教材選びにも役立ちます。

アプリ一覧へ戻る

勉強分析

勉強分析 忘却曲線が見れる復習管理アプリ

勉強分析 忘却曲線が見れる復習管理アプリ

Ryunosuke Shibuya無料posted withアプリーチ

復習のスケジュール管理を行えるアプリ。

特長
  • 学習記録をすると復習スケジュールを自動作成してくれる
  • 進捗状況が把握しやすい
  • 無料で使える

範囲が広い基本情報技術者試験対策の復習のタイミングを手作業でスケジュールするのは大変すぎます。

このアプリなら自動で復習スケジュールを作ってくれるので楽ですよ。

アプリ一覧へ戻る

StudyCast(スタキャス)

ベネッセが提供するオンラインの自習室と学習記録のアプリ。

StudyCast(スタキャス)

[PR]StudyCast(スタキャス)

Benesse Corporation無料posted withアプリーチ

特長
  • 人の目を意識することで集中できる
  • 自習時の孤独感がなくなる
  • 自動で学習記録を行ってくれる

中高生向けのアプリですが、資格試験などで社会人や大学生の方の利用も増えています。

アプリ一覧へ戻る

集中

集中|勉強・仕事用タイマー

集中|勉強・仕事用タイマー

bondavi Inc.無料posted withアプリーチ

適度なタイミングで短い休憩を行うことで集中力を維持するアプリです。

特長
  • ポモドーロテクニックを実践可能
  • 無料で使える
  • シンプル
アプリ一覧へ戻る

KIKYU

毎日を応援し合うSNS - KiKYU -

毎日を応援し合うSNS - KiKYU -

BOLSTER株式会社無料posted withアプリーチ

目標を決めて投稿することでモチベーションを維持したり習慣化するSNSアプリ。

  • 宣言すること
  • 誰かに見てもらうこと
  • 応援してもらうこと
  • 頑張ってる人を見ること(応援すること)
  • 寄付によって社会貢献すること

でモチベーションを上げることが可能。

学習を続けるのにSNSは有効ですよ。

目次へ戻る▲

まとめ

読んでいただきありがとうございます
特に午前に関してはアプリを使うことで効率的に勉強することが可能です。

基本情報技術者試験が必要な人はアプリを使って勉強してみてはいかがでしょうか?

教科書だけでは厳しい、体系的に学びたいという方はUdemyを利用するといいと思いますよ。