【スタディサプリ】大学受験の役に立つ?ドラゴン桜と現実の違い

テレビドラマしか見てない人からすれば唐突にスタディサプリが出てきて広告なの?と困惑した方も多いのでは無いでしょうか?

スタディサプリとドラゴン桜2はタイアップしているので原作にも出てきます。

この記事ではドラゴン桜に出てくるスタディサプリが本当に大学受験の役に立つのか見ていきます。

ドラゴン桜2に出てきたスタディサプリは本当に大学受験の役に立つ?

結論から言うと役に立たないならとっくにサービスは終了してるはずです。

まず、スタディサプリは映像授業によって理解するインプットのためのサービスです。

メリット・デメリットは以下の通り。
メリット

  • 質の高い映像授業を提供している
  • 値段が安くて見放題
  • ジャンルが幅広く無学年制
  • 時と場所を選ばない

デメリット

  • 質問できない
  • 問題は自分で用意する必要がある
  • 学習管理は行ってくれない※

※ある程度はやってくれるサービスもあるけどオンラインなのでそこまでの強制力はないです

スタディサプリは質の高い映像授業を提供してくれる

ドラマで内容が出てくるかどうかはわかりませんが、映像授業は一級品です。

また、無学年制なので前の学年の内容に弱点があっても遡って視聴することが可能です。

弱点箇所もしっかりと理解させてくれますよ。

値段が安いので多くの人に利用しやすくなっています。

【スタディサプリ】ドラゴン桜2と現実との違い

ドラゴン桜2ではスタディサプリのデメリットになる部分はほとんど東大専科で解決しています。

スタディサプリは、学習管理はしてくれない

ドラマ中では桜木先生や水野先生が学習管理を行っています。

だから、普通は自分または他の誰かに学習管理をしてもらう必要があります。

家庭での学習の習慣づけなどについてドラマでも話していましたね。

※合格特訓コースを利用すればある程度は、学習管理を行ってくれます。
値段は高くなりますが個別指導塾を利用するよりは安くつきます。

質問できない

ドラマでは質問は東大専科で出来るので問題ないですが、現実は質問できません。

個別指導塾や家庭教師などを利用するのもアリですがオンラインサービスを使えばある程度は答えてくれます。

以下の二つを利用すると質問に関する悩みはある程度は解決するはずです。

スナップアスクはclearで解決しなかった時のために入れておくと安心です。

問題集などは自分で用意する必要がある

ドラマではそれぞれにあった必要な問題を東大専科で用意してくれます。

現実では、問題を別に用意しないとアウトプットが不足します。

実際に問題を解いたりしてアウトプットしていかないと理解した気分になるだけで実力は身に付きません。

スタディサプリの使い方に関しては下記の記事で紹介しています。

スタディサプリ以外のサービスじゃだめだったの?

映像授業を提供する似たようなサービスは以下のようなものがあります。

  • 東進 素晴らしい授業だけど値段が高い
  • マナビズム 私大専門
  • アオイゼミ ライブ授業が面白い
  • Try It   基本無料 質問にお金がかかる
  • タダヨビ  基本無料 プレミアムはスタディサプリと同じ値段

どこもそれぞれの強みがあるのですが、値段が安くてバランスがいいのがスタディサプリになります。

東大を狙うならスタディサプリと東進という感じです。

基礎をしっかりと終わらせていて抜けがない状態なら東進のほうがいいと思います。

ただ、どこに弱点があるのかわからないという状況ではスタディサプリのほうが費用をかけず対応できます。

東進とスタディサプリを併用して費用を抑えるのもアリです。

現実は塾や家庭教師と映像授業を併用していることも多い

ドラマでは東大専科が塾や家庭教師の代わりみたいなものです。

塾や家庭教師にはそれぞれの良さがありますが、いつでも視聴できるというメリットが映像授業にはあります。

だから現実では、塾や家庭教師とスタディサプリを併用してる人も多くなっています。

徹底的に費用を抑える学習スタイルならスタディサプリOnlyでも問題は無いです。

まとめ:デメリットになる部分に対応すればスタディサプリは役に立つ

ドラマ内ではスタディサプリの弱点を克服しています。

学習管理が出来るならスタディサプリなどの映像授業は強い味方になるはずです。

大学受験の役立つ学習ツールとして映像授業を利用してみてはいかがでしょうか?

高校生

小学生・中学生

おすすめ【高校生の勉強アプリ一覧】
おすすめ【中学生の勉強アプリ一覧】
おすすめいつでも質問OKの家庭教師アプリ