スタディサプリで小学生が英語を学ぶ方法【先取りと英検対策に】

スタディサプリで小学生が英語を学ぶことは出来るのかな?
どうやって勉強すればいいのかな?
デメリットや気を付けることはないのかな?

結論から言うとスタディサプリは小学生が英語の文法を学んだりするのにおすすめです。

ただ、それだけをやっていれば英語が出来るという夢のような教材ではありません。

というかそんなものがあるはずがないですよね。

というわけで、この記事ではスタディサプリを小学生の英語学習に役立てるための方法を紹介していきます。

目次を用意しているので必要なところがあれば見てください。

スタディサプリで小学生が英語を学ぶことが出来る理由

以下の通りです

  • 小学生でも集中力が保てる、すぐに「出来た」を実感できる
  • ゼロから教えてくれるから小学生でも利用可能【学べる範囲はアルファベットから高3までの範囲】

小学生でも集中力が保てる、すぐに「出来た」を実感できる

英語の一回の授業はだいたい5分程度になっています。

授業の後は内容が記憶から消えないうちにすぐに確認テスト(こちらも5分程度)です。

併せても10分程度なので集中力が続かない子でも頑張ることが出来ます。

この授業と演習のスモールステップで、小学生でも集中して出来たを実感することが可能です。

スタディサプリの英語の授業は中学講座になりますが、小学生でも学ぶことが可能です。

ゼロから教えてくれるから小学生でも利用可能

アルファベットから教えてくれる※ので小学生でも理解可能です。

範囲は中1~高3までの英文法を中心とした授業になります。

ただ、発音や単語は別でやる必要があります。

アルファベットを学ぶのと同時に軽くフォニックスをやっておくのがオススメ。

※アルファベットの学習は旧課程の講座になります。

小学校1年生からOK

当然、アルファベットから教えてくれるので1年生からでも使えます。

子供の能力に合わせて、親の補助が必要です。

テキストにフリガナをうったり、わからない言葉の意味を教えなければなりません。

これは個人的な意見ですが、小学校2年生の2学期以降なら読めない漢字は少なくなってきます。

>>低学年からスタディサプリを利用しようと思っている方向けの記事

スタディサプリで小学生が英語を学ぶメリット

  • 先取で中学生になってからの英語が楽になる
  • 英検対策になる

中学生になってからの英語が楽になる

小学生のうちから質の高い授業でインプットを提供しておくことで中学生からの英語の授業が楽になるからです。

2021年から4月から中学生の英語の授業はアウトプット中心に変わっています。

多くの生徒が難しくなった英語の授業に悲鳴をあげています

そこで小学生のうちから英語を勉強しておけば、かなり楽になります。

英検対策になる

スタディサプリは高校3年生までの範囲をカバーしていて英検2級までの英文法に対応できます。

英検3級から2級までの対策授業もあり、しっかりと準備可能です。

5級や4級はスタディサプリの通常授業で十分対応できます。

小学生では英検3級までをとるのが当たり前になりそうなので早めに対策をした方がいいかもです。

スタディサプリを使った小学生の英語の勉強法

スタディサプリ自体の進め方は普通に授業を受けて確認テストを行っていくだけです。

スタディサプリの英語講座の進め方
  • ノートはとらなくていい
  • テキストにすべて書き込み(テキスト無しでもOK)
  • 最後に確認テスト

普通に授業をガンガン進めていくだけです。

重要なものを除いて、英単語の綴りも完璧じゃなくて問題ないです。

大切なのは授業の後に以下のことを行うことです。

  • お手本になる自然な例文と音声を用意し、音読すること
  • 習った内容を使って英文を作り、声にだすこと

お手本となる自然な例文と音声を用意し、音読すること

スタディサプリでは習った内容をネイティブの音声をお手本にして音読するようなことが出来ません。

そこで音読用の教材を用意してあげる必要があります。

おすすめなのが以下の通りです。

小学生や初心者がこの文法書で学ぶのは厳しいのですが、例文だけを利用するのは全然ありです。

文法を理解してもらうために作られた不自然な英文じゃなく、実際にネイティブが使うようなものだけで練習できます。

習った内容を使って英文を作り、声にだすこと

その文法事項を使って自分で英文を作れないと、その文法を理解したとは言えません。

最初は、授業に出てきた例文を見ながら単語を変えるだけでもOKです。

とにかく自分で英文を考えて声にだすことが大事です。

とにかくアプリを含めた音声が利用できる教材を使う

聞いて真似て声を出す」というのが英語では重要ですが、スタディサプリは文法の授業が中心なので対応できません。

いくつかオススメを紹介しておきます。

いろいろありますが、どの教材を使っても英語が読み上げられたら声を出すというのが重要です

英語を先取で学ぶ時のデメリットや注意点

  • 先取学習する場合は、学年が低くなるほど親の負担は大きい
  • 今の学年の内容が出来ている前提で
  • 普通にやれば子供はモチベーションが維持できない

先取学習する場合は、学年が低くなるほど親の負担は大きい

  • 使い始めの頃は一緒に動画を見たほうがいい
  • 読めない漢字にフリガナ
  • わからない言葉を教える

などの負担があります。

慣れてくると勝手にやってくれますが、最初のうちは結構手がとられます。

子供の国語力を上げると楽になります。

今の学年の内容が出来ている前提で

当然ですが、今の学年の範囲で何か出来ていないことがあるならそちらを優先するべきです。

先取とか言ってる場合じゃないですよね。

普通にやれば子供はモチベーションが維持できない

先取のデメリットは、頑張ったところで子供は結果がわからないというところです。

だから、ご褒美を与えるとか目標を立てるとかしないと続けられないです。

ご褒美→お小遣いをあげる、やった分だけゲームをしてOKとか
目標→英検を受ける

とかです。

何かしら子供が頑張れる理由を作ってあげてください。

まとめ:スタディサプリで小学生が英語を学ぶのはアリ

スタディサプリは小学生の英語の勉強に役立つ教材の一つです。

でも、それさえやっておけばいいというものじゃありません。

だからこそ、他の教材の用意や学習管理など子供のために頑張れるお父さんやお母さんにおすすめです。

出来るようになった自慢げな子供の顔を見て嬉しくなりますよね。

そういう方はスタディサプリを使った英語学習を試してみてはいかがでしょうか?

スタディサプリには無料期間が14日間あるので気軽に始められます。

もちろん、無料期間だけで終わってもOKです。

おすすめスタディサプリの小学生への効果は?
おすすめ【小学校低学年が使用】スタディサプリのレビュー