【中学生・高校生】受験勉強をしながら英語は話せるようになるのか?

この記事では小学生・中学生・高校生などが英語が話せるようなるための提案と役立つアプリや問題点の解決などを解説しています。

ちょっと前までは受験英語は英語が話せない理由にされてしまっていたりしました。

でも最近は受験英語はちゃんと役に立つということも言われています。

受験英語が役立つならプラス何かをすれば話せるようになるはずですよね。

つまり、受験英語に足りないもの『アウトプット』をプラスしてあげれば話せるようになるということになります。

英語をたくさん聞いて、たくさん話そう。

これを実践しながら受験勉強をしていけば、ある程度話せるようになるはずです。

受験があるのに英語を話すための練習をしてて大丈夫?

結論から言うと良い影響しかないです。
パッと思い浮かぶのは以下のようなものです。

  • リスニングに役立つ。
  • 英単語や文法が頭に残りやすい。

高校受験でも大学受験でもリスニングはありますよね。

話すための練習をすればリスニングに良い影響があります。

また、英単語や文法も頭に残りやすくなります。

スピーキングの練習がリスニングに役立つ

簡単に言うと喋れることはだいたい聞き取れるんです。

その証拠にリスニングの勉強方法はほとんどが英語を聞くだけでなくて、
聞こえたことを口に出すというものがほとんどです。

リスニングの練習方法
  • 音読:お手本を聞いて英文を読む
  • リピーティング:英語音声を聞き終わってから真似をする
  • シャドーイング:英語音声を聞きながら真似をする

他にもいろいろありますが聞くだけでななくてなにかしらアウトプットします

そしてこの練習はすべてスピーキングにつながっていきます。

英単語や文法が頭に残りやすい。

頭の中で、理解したり暗記しただけのものより、五感を使った記憶のほうが残りやすいです。

話すための練習は反復回数が多くなるので、英単語や文法を考えることなく利用出来るようになります。

以下の記事ではElsaSpeakという発音矯正アプリの辞書機能を使った学習方法を紹介しています。

ElsaSpeakは内部課金の必要なアプリですが辞書機能は無料で使えます。

【フォニックス】英語の発音の練習は最優先

英語のアルファベットの『つづり』と『発音』、そしてそのあいだにある規則性を学ぶことが最優先です。

これは小学校1年くらいまでに『ひらがな』や『カタカナ』をしっかり教えられるのと同じです。

これらをセットにして学ぶ方法を『フォニックス』と言います。

すべての発音を出来るようにする必要はありませんが、
英語にしかない発音は認識できるようになっておかないといつまでたっても上達しません。

フォニックスについてはYou tubeで学べばいいと思います。

個人的には『あいうえおフォニックス』というYoutubeチャンネルがオススメです。


発音がちゃんと出来ているか確認したいならElsaSpeakの辞書機能を使って練習したい単語やフレーズを入力すればOKです。

アプリを使って英語のアウトプットとインプットを増やす

語学学習においては音声が利用できるものほうが有利です。

だから英語学習にはアプリやYou tubeなどをフル活用しましょう。

ここでは中学生や高校生が利用しやすい無料で使えるアプリを目的別に紹介します。

英語の発音のチェック『ElsaSpeak』

音声認識機能がかなり正確です。

辞書機能は無料なので安心して利用出来ます。

語彙(英単語や熟語)など『mikan』『英語物語』

スピードを重視するならmikanで覚えればいいと思います。
ただ発音記号が無いので音を耳コピできるくらい発音を練習しておく必要があります。

英語物語は英語のゲームアプリですが、収録されている語彙の数が圧倒的です。

予習機能を活用すると本格的な英語勉強アプリになります。

英文法『Duolingo』『早打ち英文法』

もしスタディサプリを使っているなら英文法の解説はそれだけでOKです。

まだ学んでいなかったり、中学生レベルの英文法に不安があるならDuolingoがいいと思います。

『早打ち英文法』はあっというまに基本的な英文法のチェックが行えます。

『cake』リスニングやスピーキングの練習やフレーズ学習に

リスニングやスピーキングの機能がたくさん収録されていながら完全に無料で利用できます。

リーディングをメイン4技能に効果のある

長文読解能力あげながらリスニングの練習になるアプリ。
辞書いらずで、例文も表示され読み上げ機能もあるのでたくさん英文を読むことが出来ます。

もっとアプリを探したい方は以下の記事もお読みください。

中学英や高校生にはお金をかけなくても英語を話す相手はいる

独学じゃ、限界ある・・・話す相手がいないから喋れない。

オンラインでも英会話をするお金なんてないし、親に出してもらえないな・・・。

なんて思う必要はありません。

英語学習において受験勉強があっても学生には社会人にはないメリットがあります。

それは英語力が近いレベルの仲間がいるということです。

つまりは友達同士で英語を話せばいいんです。

いやいや・・・そんなの恥ずかしいよ・・・。

恥ずかしかったら直接話さずにLineなんかの無料通話でもいいと思います。

でも・・・間違った英語を覚えちゃうんじゃ・・・。

ちょっと話は飛びますが、語学留学をした時に英語を話す量が多い相手は大半が現地の人じゃなくて一緒に語学留学している仲間だったりするんです。

ちょっとくらい英語を間違っても気にしなくてもいいし、同じ目標をもった仲間なので仲良くやりやすいからです。

間違った英語うんぬんはもっとできるようになってから気にすればいいことです。

それに学校で習ったことを元にして話せば、あまり間違うことはないかと思いますよ。

まとめ

今回の記事は中高生が受験勉強をしながらお金をかけずに英語を話せるようになるための方法の提案でした。

  • 最初に発音を学ぶことが大切
  • アプリやYou tubeなどを使ってたくさんインプットすること
  • 同級生や他の英語を学んでいる人と英語を話す練習する

小中高の英語教育は『リスニング』と『スピーキング』に重視するようになっています。

それでも普通にやっていれば、アウトプット不足になることが予想されます。

学校の授業以外に話す機会や聞く機会を増やし、受験勉強をしながら英語が話せるように頑張ってみてはいかがでしょうか?

せっかく英語の勉強をたくさんするのだから話せるようになったほうが絶対お得ですよ。

やっぱり、友達と話すのは無理だ・・・という方は スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)を使ってみるのも手だと思います。

おすすめ英語アプリ【ストーリーが重要な理由を解説】
おすすめ恥ずかしがり屋のための英語アプリ
おすすめ英語の勉強アプリ一覧