発音と英単語と英文法を同時に勉強

英単語などは音で学ぶべきかだということが当たり前になってきました。
実際にどうやったらいいんだろう?
言われた通りに練習してみたけどうまくいかないなぁ・・・

という方向けに英語発音アプリを使って英単語や文法を覚える学習方法を提案いたします。

どうするか簡単に言うと

英語発音アプリを使って学んだ英語の発音の練習をするだけです。

このやり方であれば、英語力の基礎となる「文法」「単語(語彙)」「発音」を同時に学習することが出来ます。

音で覚えるし、何度も練習するから身に付きやすいです。

今回のやり方で利用するのは内部課金のある実質的には有料のアプリです。

絶対に無料じゃないとダメと言う人はごめんなさい。

英語発音アプリで『英単語』『英文法』などを覚える方法

利用するのは『Elsa Speak』という英語発音を矯正することを目的としたアプリです。

AIを利用した非常に精度の高い音声認識機能を使って発音の練習が可能です。

今回のやり方では『Elsa Speak』の機能の一つである『辞書』を使います。

それでは以下について解説していきますね。

  • 『Elsa Speak』の『辞書』の特長
  • 英単語を覚える手順
  • 『英文法』や英語のフレーズを覚える手順

『Elsa Speak』の『辞書』の特長【入力した単語・文章の発音をチェック可能】

  • 入力した英単語の発音をチェックできる
  • 文章も入力可能

『Elsa Speak』の『辞書』は普通の辞書とは違い、単語の意味や例文などを教えてくれるものではありません。

入力した単語の発音を練習することが出来るんです。

さらに単語だけではなく文章をそのまま練習することが出来ます。

これらの機能を使って英単語や文法を発音のチェックしながら勉強していきます。

英単語を覚える手順【発音の練習をするだけ】

  1. 単語帳や英単語アプリなどから英単語を用意
  2. 『Elsa Speak』の『辞書』に音声で登録 失敗したら手動で入力
  3. 正しい発音で連続で言えるようになるまで練習

自分の覚えたい英単語を『Elsa Speak』の『辞書』に登録し練習するだけです。

見本の音声を聞いて、発声して何度も練習します。

何度か連続で合格点になるまで続けると言った感じです。
英単語を覚える手順【発音の練習をするだけ】

『英文法』や英語のフレーズを覚える手順【文章でも発音の練習】

  1. 教科書や参考書などから英文を用意
  2. 『Elsa Speak』の『辞書』に音声で登録 失敗したら手動で入力
  3. 正しい発音で連続で言えるようになるまで練習

やることは英単語の時と全く変わりません。
単語から文章に変わっただけです。

覚えたい文法を使った文章だったりよく使うフレーズだったりを練習して覚えることが出来ます。

また、英単語の時も例文や自分で英作したものを利用してもいいと思います。
『英文法』や英語のフレーズを覚える手順【文章でも発音の練習】

英語発音アプリElsa Speakを使った単語学習方法のメリット・デメリット

英語発音アプリを使った英単語や英文法の学習方法のメリット・デメリットについて見ていきます。

メリット

メリットは以下のような感じです。

  • 発音と単語の意味や文法をバラバラに覚えるより効率がいい
  • 英単語の発音が頭に残るから記憶に残りやすい
  • リスニングにも効果がある
  • 文章も認識するので英作したもので練習も可能

発音と単語の意味や文法をバラバラに覚えるより効率がいい

学校の英語学習の弱点である音のインプットとアウトプットの少なさを補いながらも
英単語や文法を効率よく勉強することが可能です。

中学生や高校生なら受験勉強があり英語だけに時間を割くことが出来ません。

その結果、発音の練習がほとんどなくなってしまいます。

そこで英単語や英文法の勉強に発音の練習をくっつけてしまうのは理にかなっていると思います。

英単語の発音が頭に残るから記憶に残りやすい

発音の練習すると一つ一つの音に注意することになります。

するとちょっと声に出したくらいで覚えるよりははるかに記憶に残ります。

例えば、最近の英単語アプリだと覚えるイメージは以下のような感じです。

『英単語』⇔『意味』+『英単語の音』

それがこのやり方だと

『英単語』⇔『英単語の音』⇔『英単語の一つ一つの音』⇔『意味』

一つ一つの音に注意しながら何度も繰り返して覚えたもののほうが

記憶に残りやすいですよね。

リスニングにも効果がある

発音をしっかり出来るようにしておくとスピーキングで役立つのはもちろん、

リスニングにも効果があります。

間違った自分流の発音で覚えてしまうと聞いたときに認識できないということが起こってしまいます。

一つ一つの英単語の発音を練習しておけば、そういったことが防ぐことが可能です。

デメリット

デメリットは以下のような感じです。

  • 『Elsa Speak』が実質的な有料アプリであること
  • 発音の練習が足りないうちは時間がかかる

『Elsa Speak』が実質的に有料アプリであること

このやり方のデメリットはこれに尽きます。

有料アプリって敷居が高いですよね。。。

月単位の支払いだと月額900円、3ヶ月単位だと1950円、年間5900円でライフタイム会員が54900円です。

※ライフタイム会員は公式サイトからのみです。

絶えずキャンペーンをしている感じで80%Offとかが当たり前なので利用するとお得です。

最初は3ヶ月くらいのプランで試してみて、

使えるようだったらライフタイム会員になる感じがいいと思います。

発音の練習が足りないうちは時間がかかる

『Elsa Speak』の小学生向けのアルファベットごとの発音練習
発音があまり上手でないうちは何度もダメ出しされてなかなか進めないかもしれません。

完璧でなくても構わないので繰り返す上限を決めておけばいいと思います。

これまで発音について全く勉強をしてなかった方は

『Elsa Speak』の小学生向けのアルファベットごとの発音練習を終わらせることをオススメします。

練習の前には、『あいうえおフォニックス』のような発音について解説してくれるYoutubeチャンネルなどで勉強をすると効果的です。

まとめ

Appstore
google play

アプリを使って英単語や英文法の学習をしながら発音の練習を行う方法を紹介しました。

単語や文法じゃなくてもよく使うフレーズなんかにも利用出来ます。

自分の身の回りにあることを英語で喋ってみて、発音の練習をしてみるなんて使い方もアリです。

『Elsa Speak』の辞書機能を使って英語の学習に役立ててみてはいかがでしょうか?

『Elsa Speak』と同時に使うと効果の高いサービス

中学生向け

英語の文法やテスト対策はスタサプでOKです。
高校生の内容までガンガン進んでいけるので使わない手はないですね。
発音も一緒に練習したら楽しいです。

高校生向け

高校生もやはりスタディサプリです。
大学受験では絶対外せないサービスです。

発音の練習も一緒に行い、受験英語を話せて聞けるものに変えちゃいましょう。

大学生・大人向け

大人もスタディサプリがおススメです。
自分の学習記録がわかりやすいのでモチベーションを維持しやすいです。

おすすめNO.1に学ぶ英語が話せるようになる方法
おすすめ恥ずかしがり屋のための英語アプリ
おすすめ英語の勉強アプリ一覧