スタディサプリ小学講座の国語

小学生の子供にスタディサプリを使わせようか迷っている
小学講座の国語ってどうなのかな?
自分の子供が使うことができるのか?

という人向けにスタディサプリ小学講座の国語を紹介していきます。

まずスタディサプリ小学講座の国語は読み方を学ぶことで

  • 国語の問題が解けるようになる
  • 文章が読めるようになる

というものです。

そしてこういう子供におすすめ。

  • 文章が読めているようで読めていない
  • 学校の国語は簡単すぎる小学生
  • 予習シリーズの国語が難しすぎる

簡単に言えば文章が正しく読めるようになりたい場合に使う感じです。

それではスタディサプリ小学講座の国語について見ていきます。

スタディサプリの小学講座の国語が与えてくれるもの

スタディサプリ小学講座の国語のメリット
スタディサプリ小学講座の内容はこんな感じです。

  • 読み方の解説
  • 解説付きの読み聞かせ
  • 設問ごとの解答の根拠の解説
  • 知識の解説

です。

文法や語彙などの知識を増やしながら読み方を学ぶことで読めるようになっていきます。

また、文章が読めていない場合は読み聞かせが効果的です。

何かを出来るようにする時は、お手本を参考にしますよね。

読むことのお手本は読み聞かせになります。

そして、読み聞かせを聞きながら文章を追っていくことで読めていない子でも出来るようになっていきます。

とにかく読めるようにしてくれる講座です。

スタディサプリの小学講座の国語に足りないもの【解き方に対する解説が少ない】

足りないものは解き方の解説が少ないということです。

解説は読み方と解答の根拠が中心です。

確かに読めていれば解けるのですが、読んだ内容をすべて覚えてるわけじゃないですし、毎回完璧に線や印がつけられるわけじゃありません。

だから、設問のパターンごとにどこを探せばいいのかなどを体系的に学んでおいた方が問題は解きやすくなります。

まあ、今は解き方の解説がある本が出ているのでそちらを利用すれば問題ないですけどね

文章が読める子の使い方と読めない子の使い方

レベル別の使い方
読解問題の場合の流れは下記のような感じです。

  1. 読み方の説明(テーマ解説)
  2. 解説付きの読み聞かせ 
  3. 解答+解説
読める子の場合は
読み聞かせの前に問題を解く
読めない子の場合
読み聞かせの後に問題を解く

授業の後はどちらの場合も音読して復習していきます。

読めてないのに問題を解いても仕方が無いので、読めない場合は読み聞かせと解説を聞きながらやったほうがいいです。

スタディサプリの小学講座の国語がおすすめな人

冒頭でも言いましたが以下の通りです。

  • 文章が読めているようで読めていない
  • 学校の国語は簡単すぎる
  • 中学受験向け(予習シリーズなど)の国語が難しすぎる

文章が読めてない人

スタディサプリの国語は読めるようにするための講座です。

だから、読めない人にはおすすめです。

学校の国語が簡単すぎる

学校の国語の問題が余裕という場合は、スタディサプリの応用にチャレンジしてみるといいと思います。

無料で試すことが可能ですし、出来なくてもわかりやすい解説があります。

中学受験向け(予習シリーズなど)の国語が難しすぎる

中学受験を考えてより高いレベルの問題(予習シリーズ国語等)をやってみたところボロボロだった。

という人にもスタディサプリの国語はおすすめです。

スタディサプリ国語の応用問題は、予習シリーズ国語の基本問題に近いレベルです。

スタディサプリ国語の応用問題で読む練習をしておくと中学受験向けのテキストがやりやすくなります。

苦手な子はもちろん、中学受験の基礎固めの人にも使えます。

まとめ


今回の内容をまとめると以下の通りです。

  • メリット:読めるようになる・安い
  • デメリット:解き方が足りない・他にも教材が必要
  • 読める子の使い方:解説の前に問題を解く
  • 読めない子の使い方:読み聞かせと解説を聞いてから問題を解く
  • 読むのが苦手な子から中学受験の国語の基礎レベルを身に付けたい方におすすめ

格安で難しい文章の読み聞かせとそれに対するわかりやすい解説が利用できます。

だから、スタディサプリの国語を利用している方は、文章が子供に読めるようになって欲しい方です。

スタディサプリの小学講座についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事や公式サイトでチェックしてみてください。

>>小学生のスタディサプリの評判と現実との比較