アプリ『読書管理ビブリア』はiPhoneユーザーにオススメ

本が好きで読書記録をとってるけど字だけだと見にくいな
読書の記録をとりたいけど面倒で後回しにしてしまう。
読書記録が出来たらそれでいい、シンプルなアプリは無いかな?

と言った人にオススメのアプリ『読書管理ビブリア』を紹介します。

このアプリにマッチしているのはこんな感じの人です。

  • SNSが不要
  • 他人のコメントに興味はない
  • 自分の読んだ本が記録出来ればいい
  • iOS一筋

とにかく本が好きで読書記録が出来ればOKな人のためのアプリと言えます。

それでは見ていきますね。

読書管理ビブリア

読書管理ビブリア

Keisuke Uchida無料posted withアプリーチ

読書管理ビブリアの特徴3つ【シンプルで使いやすい】

出典:AppStore

  • 本棚はシンプルで並び替えは使いやすい
  • SNSなど他と交流する機能が無いので安心
  • 読書管理に必要な書籍登録機能は搭載されている

【本棚】シンプルで並び替えは使いやすい

『読書管理ビブリア』の本棚の特徴は以下の通りです。

  • iPhoneでは一列に4冊ずつ本が並ぶ
  • 登録タイプは「本棚」「読みたい」のみ
  • 著者順の並び替えが可能
  • デザインは素朴

一列に4冊ずつ並ぶので1画面に表示される本の数が多いです。

デザインは素朴で並び替え機能も一通りそろっています。

特に大手の読書管理アプリにはない著者順の並び替えが意外と使えます。

【SNS】他のユーザーと交流する機能が無いので安心

『読書管理ビブリア』にはSNS機能がありません。

確かにSNS機能は自分の読んだ本を紹介したり、新しい本を探すときには便利です。

でも人と繋がることによる煩わしさもあります。

また子供が使うならSNS機能は無いほうが安心です。(「ブクログ」のSNSはそこまで気にすることは無いです。)

だから、SNS機能が無い『読書管理ビブリア』は気軽に利用することが出来ます。

また、SNS機能が無い分、他のサービスとの連携が可能で「ブクログ」や「読書メーター」も利用可能です。

読書管理に必要な書籍登録機能は搭載されている

『読書管理ビブリア』の登録方法が主に以下の3つです。

  • 本を検索して登録する
  • バーコードを読み取って登録する
  • 手動で登録する

機能的には大手アプリとあまり変わりません。

検索で見つからない本の手動登録は大手の読書管理アプリより簡単に行うことが出来ます。

古い本や電子書籍のみ本も気軽に登録可能です。

他の読書管理アプリとの比較【ブクログ】【読書メーター】

【ブクログ】【読書メーター】と比較した場合に差がある部分は以下の通りです。

  • ガチでユーザー登録が不要
  • 新刊検索やランキングがない
  • カテゴリ分けが出来ない
  • iOSでしか使えない
  • SNS機能が無い
  • 読書ステータスが2種類のみ

ブクログや読書メーターと比べると機能は絞られているのですが、本当にアプリを入れるだけでそのまま使うことが可能です。

自分の読んだ本を記録していきたい人に特化したアプリだと言えます。

そういう使い方を考えた場合にカテゴリ分けがない事だけが気になるところです。

『読書管理ビブリア』の導入の手順

『読書管理ビブリア』の導入の手順は以下の通りです。

  1. ストアでダウンロード
  2. アプリ起動
  3. 本を登録していく

特に変わった作業は必要なくアプリを入れるだけで利用できます。

アプリ『読書管理ビブリア』の動作環境とダウンロード

  • iOS12以降 搭載のiPhone、iPad、およびiPod touch。

Appstore

まとめ:簡単に読書記録が出来る本好きのiPhoneユーザーためのアプリ

今回は『読書管理ビブリア』を紹介しました。

とにかく自分用の読書記録をつけれたらいいのならば『読書管理ビブリア』はオススメです。

シンプルな読書管理アプリを探しているiPhoneユーザーの方は、使ってみてはいかがでしょうか?