【オーディオブック】Audibleで子供に読み聞かせするメリットは5つ

毎日の読み聞かせは大変だ・・・
今まで読み聞かせをしてこなかった・・・
Audibleなんかのオーディオブックは読み聞かせにならないかな?

こういった疑問にお答えします。

オーディオブックを読み聞かせの代わりにすることは子供にも親にもメリットがあります。

この記事ではAudibleのようなオーディオブックサービスを読み聞かせ代わりに使うことについて解説していきます。

寝かしつけの時に自分が疲れて寝落ちしてしまう方にもオススメです。
無料期間で貰えるコインでゲットした本はずっと聴けるので一冊はゲットしないと勿体ない

【オーディオブック】Audibleで子供に読み聞かせするメリットは5つある

以下の通りです。

  • 読み聞かせができない時や楽したい時に使える
  • 電気が消せる(寝かしつけ安い・想像力がつく)
  • 音読のお手本になる
  • 年齢に関係なく利用できる
  • 難しかったり、長い本でも使える

読み聞かせができない時や楽したい時に使える

読み聞かせって大変ですよね。

喉は枯れるし、子供に本が見えるように読むのって疲れます。

自分が寝落ちしてしまうこともあると思います。

体調が悪い時など、読み聞かせが出来ない時もあるはずです。

そんな時に絵本や童話のオーディオブックがあるとすごく助かります。

自動で疲れずに読み上げてくれるので、どれだけ時間がかかっても問題になりません。

電気が消せる(寝かしつけ安い・想像力がつく)

真っ暗闇でも勝手に本を読み上げてくれます。

寝かしつけの場合は、電気がついているとなかなか寝てくれません。

また、目で字や絵を追いかけることが無いので想像力がつくことも期待できます。

そのまま寝落ちしても安心ですね。

音読のお手本になる

親の読み聞かせは、子供の音読のお手本になります。

でも、全ての親が本を読むのが上手なわけじゃありません。

Audibleなどのオーディオブックではプロのナレーターや声優が読むので良いお手本になってくれます。

当然ですがお手本が良いほうが、読むのが上手になる可能性が高まります。

年齢に関係なく利用できる

オーディオブックなら、自動で読みあげてくれるのでもう読み聞かせは恥ずかしいという子供でも利用することが可能です。

また、これまで読み聞かせをしてこなかった家庭でも使えます。

難しかったり、長い本でも使える。

オーディオブックなら難しい本や長い本でも疲れずに読み上げてくれます。

子供が短めの絵本から童話などに変わってくると読み聞かせはかなり長くなります。

一回の読み聞かせでは終わらなくなり読み聞かせする親は大変です。

オーディオブックなら疲れずにいくらでも読み上げてくれます。

また、子供向けで無い難しい書籍にチャレンジするのにも使えます。

Audibleで読み聞かせるデメリット2つ【親子間の読書体験の共有】

自分が一緒に聞いていない場合のみ以下のデメリットが生じます。

  • デメリットは親子間の読書体験の共有が出来ないこと
  • わからない言葉があった時に説明ができないこと

読み聞かせは、本の内容などで子供とコミュニケーションがとれます。

一方、オーディオブックは理解しているかどうかなんてお構いなしで読み上げられてしまいます。

でも、これらの問題は以下のようにすれば解決可能です。

  • ・難しめの一度も聞いたことのない本は子供ひとりでは聞かせない
  • ・子供が聞いた本は後から自分も聞く

Audibleの料金と無料期間

Audible

月額 1500円
特典1 1ヶ月ごとにコインが1枚貰える
特典2 月替わりでボーナスタイトルが聴ける
特典3 聴き放題のポッドキャスト
無料期間 30日間

無料期間も通常の会員と同じように特典が受けられます。

コインで交換したオーディオブックは、退会してもずっと利用可能です。

まとめ:読み聞かせに使うと親も子供もハッピーに

Audibleなどのオーディオブックのサービスを使えば、音読のお手本になる上に寝かしつけも楽になります。

Audibleは月額1500円とまあまあの値段がしますが、一度ゲットしたオーディオブックは、解約後も利用可能です。

また無料期間にコインで交換したオーディオブックもずっと使えます。

だから、とりあえず一冊は試したほうがお得ですよ

本を聞くサービスを使って読み聞かせに利用してみてはいかがでしょうか?