マインドマップアプリおすすめ3選【ビジネスや勉強で活躍】

考えがまとまらない
アイデアが出てこない
メモが上手に取れない
図を作るのが苦手

こういった方はマインドマップを利用してみてはいがかでしょうか?

マインドマップはアプリで簡単に使えるので気軽に利用できます。

この記事ではオススメのマインドマップアプリを紹介しています。

マインドマップの使い道

マインドマップを使う理由
マインドマップは以下のようなことに使われます

  • 思考の整理
  • メモ(記録)
  • 資料作成 ツリー状の図など
  • データまとめ(勉強やビジネス)

マインドマップアプリを使う理由

マインドマップをアプリなどのツールを使って書くメリットは以下の通りです。

  • 場所を問わず利用出来る
  • サイズを気にしなくていい
  • 折りたためる

場所を問わず利用出来る

スマホのアプリであれば、どこでも利用できますね。

自分の使うデバイスで共有できるようにすれば、さらに便利です。

サイズを気にしなくていい

何重にも階層を深めていっても大きさを気にしなくてOKです。

折りたためる

ほとんどのマインドマップツールが子ノードを折りたためるようになっています。

隠したいノードを好きなように隠せるということです。

ブレスト後に不要なアイデアを隠していったり、勉強時のテストの答えを隠すのに利用したり出来ます。

おすすめマインドマップアプリ3選

  • XMind
  • SimpleMind
  • MindMeister

XMind

XMind

XMind

XMind Ltd.無料posted withアプリーチ

無料版でも十分利用出来てWindows,Mac,iOS,Androidと複数のデバイスで利用出来る。

データの共有は、DropboxやGoogleドライブなどを経由して行います。

無料版はシンプルでデザインの幅は少ないですが、特に使用に困ることはありません。

SimpleMind

SimpleMind - マインドマッピング

SimpleMind - マインドマッピング

xpt Software & Consulting B.V.無料posted withアプリーチ

アプリ版は無料で利用することが出来ます。

ノードを自由に配置出来て直感的に操作可能です。

機能制限無しのPro版がWindowsもアプリも買い切りで手頃な値段です。

無料版ではクラウドが利用できないので、複数のデバイスでデータを共有したい場合はPro版を購入してください。

MindMeister


Webアプリなのでどのデバイスでも気にせずに利用出来ます。

また複数人で共同編集することも可能。

導入の敷居が一番低いです。

デバイスごとにいろいろするのが面倒な人やチームで使いたい方は『MindMeister』がオススメです。

まとめ

今回はマインドマップの紹介とお勧めのアプリやサービスを紹介しました。

マインドマップは様々なシーンで活躍し、あなたの世界を変えてくれる可能性があります。

この機会にマインドマップを使ってみてはいかがでしょうか?