高機能なチャートや投資戦略のアイディア、テクニカル分析などを提供しているTradingViewのスマホアプリを紹介します。
まだiOS版のみの提供でAndroid版は2018年中にリリースする予定のようです。

Appstore

TradingView スマホアプリ概要

為替や株価に仮想通貨など世界中の投資関係の高機能なチャートの表示や登録ユーザーによる分析やアイディアを見ることのできる投資ツールのスマートフォン用のアプリです。

Watchlist

登録している指標や株価などを見ることが出来ます。

Chart

選択中のリアルタイムチャートを見ることが出来ます。
他の投資ツールでは使えないような分析ツールが使うことが出来ます。

Ideas

登録ユーザーのテクニカル分析やアイデアを見ることが出来ます。
ただし、現在は言語ごとの表示ができません。

Talks

投資関係のチャットです。
仮想通貨関係のチャットルームがにぎわっています。

Profile

ログインや登録が出来ます。
PCと同じユーザーでログインすればPCと同期することが出来ます。

始め方と簡単なチャートの表示まで

インストール

まずは下記のリンクからインストールしてください。
Appstore

言語の設定

左上のデフォルトは英語になっているので日本語にしたい場合は日本語に変更してください。
日本語を選んでもほぼ英語のままなので特に英語のままでも問題はありません。

チャートの時間の設定

チャート画面の時間をタップすることで設定できます。
デフォルトで時間はUTCになってますので時間をタップして(UTC+9)Tokyoを選べば日本時間になります。

インディケータの表示

インディケーター
チャートの画面で上のアイコンの右から2番目のアイコンをタップするとチャートの表示や比較に関する設定が出てきます。
「indicators」を選びその中から表示したいインディケーターを選べば選択したインディケーターが表示されます。

web版との比較

スマホでもweb版が利用出来ます。
スマホでweb版を無料で使おうとすると広告が大きすぎて物凄く邪魔です。
ではアプリ版なら何も問題ないかというとアプリ版もまだインジケーターの設定などが出来ません。
※アラート機能は2018年10月から利用できるようになりました。

まとめ

チャートに関してはパソコン版同様に高機能なチャートを表示することが出来るので重宝します。
また無料ユーザーではチャートが一つしか表示できないのですがスマホとパソコンを使えば二つ同時に表示することが可能です。
外出時も自分の投資戦略にあわせて設定した高機能なリアルタイムチャートを見ることが出来るので導入してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事