2019年3月に「三井住友銀行アプリ」がリニューアルしました。
あまり使われてない機能を廃止し外部アプリとの連携などを強化したようです。
リニューアルした「三井住友銀行アプリ」の新機能と廃止された機能を紹介します。

三井住友銀行アプリの新機能

デビットカード


アプリから以下の機能が利用出来ます。

  • SMBCデビットの申し込み カードが届く前に利用可能
  • SMBCデビットのカード情報を確認
  • SMBCデビットの利用設定 カードの限度額などを変更できます。
  • クレジットカード

    三井住友カードの「Vpass」と連携することで

    • 明細照会
    • 「ワールドプレゼント」ポイントの紹介、交換
    • Apple Pay設定(現在は利用停止中)

    を利用することが出来ます。

    家計管理

    収入・支出の状況や、グラフで過去の収支状況を確認することが可能になり三井住友銀行以外の収支も「MoneyTree」と連携することで確認することが出来るようになりました。
    またクレジットカードの引落予定金額を確認することが出来るようになり引落口座を登録することで、口座引落後の残高も確認できます。
    「Moneytree」と連携することで、SMBCグループ以外の金融資産(クレジットカード、証券、銀行口座、電子マネー、ポイント)も一覧で表示することができます。

    SMBCポイント

    三井住友銀行アプリで廃止された機能

    • かんたん残高照会機能
    • 積立の目標設定機能
    • ミドすけデザインへの着替機能
    • ウィジェット機能(Android版)
    • 生体認証機能(iOS版)の一時停止
    • SDカードバックアップ(Android版)の一時停止

    感想

    省かれた機能は使っている方も少ないもので使い勝手はあまりかわらないようです。
    新しく追加された機能は外部のサービスと連携する必要があるものの使えば様々な情報が三井住友銀行アプリで見ることが出来ます。
    もちろん、利用しなくても使い勝手は悪くありません。
    ただ「MoneyTree」以外を家計簿アプリで使ってる人には自分の使ってる家計簿アプリと連携して欲しいと思ってしまいますね。