英語のシャドーイングが難しい理由と解決方法

いくら頑張ってもシャドーイングが上手くならない・・・
やり方を調べてその通りにやってるのに効果が出ている気がしない

こういった疑問にお答えします。

確かにシャドーイングのおかげで英語が上達した方は多いです。

反面、シャドーイングのせいで英語を諦める人がいてもおかしくないくらい難易度が高い。

やり方は、ウェブやYoutubeなどで山ほど紹介されています。

でも、正しいはずのやり方でいくら頑張っても出来ない人がいます。

理由は簡単で、そもそも英語じゃなくてもシャドーイングが難しいからです。

この記事ではシャドーイングが難しい理由とその解決策を紹介します。

この記事ではシャドーイングのやり方などは紹介していません。

シャドーイングのやり方なんかは、もっと偉い人のところで確認してください。

挫折しない英語学習
自習無し!レッスンの中で復習
最適なタイミングでレッスン

キャンペーン中の今がお得!

シャドーイングが難しい理由

喋ると聞くを同時に行うことが、日常では行わない超マルチタスクな作業だからです。

普通の会話は、相手が喋ってるのが終わってから自分が喋りますよね。

相手の言葉を聞いてる時に、こちらが話すことを考えることはあっても声を出すことはないはずです

こんな非日常的な作業を、母国語では無く英語でやるのだから難しいのは当然です。

シャドーイングではどれだけのことを同時に処理しているのか?

  • 耳で音声を聞く
  • 音声を頭の中で処理をする 音声知覚・意味理解
  • 聞いた音声をそのままタイミングをずらして口に出すように指令を出す
  • 口から声を出す。

これを母国語ではなく英語で行います。

プロソディ・シャドーイングでは意味理解せずに音声知覚に集中するため少し負荷は下がります。

それでも最後の口から声を出すのところが、とんでもなく大変です。

同じやり方でもどうして出来るようになる人と出来ない人がいるのか?

マルチタスクで処理できる能力やイメージする力が人によって違うからです。

マルチタスクが得意な人はほとんどいませんが、それでも差はあります。

どれくらい自分がシャドーイングに適正があるのか知りたければ、日本語で試してみればわかります。

利用した教材によってはかなりの人が出来ないのではないでしょうか?

同時に何かを処理するのが苦手な人は、なかなかシャドーイングが上手くなりません。

シャドーイングが出来ないときの2つの解決方法

以下の通りです。

  • シャドーイングを諦めて代替手段を利用する
  • シャドーイングを出来るようにする(慣れる)

当たり前ですがこの二つしかありません。

シャドーイングは英語が出来るための外せない手段じゃありません。

シャドーイングを行うことで向上する力は以下の通りです。

  • 主にリスニング能力
  • 付加価値として発音など

リスニング力や発音なんかは他の手段でも代替することが出来ます。

あとは、シャドーイングを一つのスキルと認識して、まずはそれに慣れるところから始めるといった感じです。

シャドーイングを諦めた場合の代替手段

おすすめの代替手段は以下の二つ

  • リピーティング?(リテンション・コピーイング)
  • 脳内シャドーイング

シャドーイングは『聞く』と『声に出す』を同時に行ってるから難しい。

だからそれをやめてしまえばOKです。

リピーティング(とにかく聞き終わってから真似て声を出す)


英語の音声を聞き終えてから真似て声を出すことです。

シャドーイングと同じようにリスニング力だけでなく発音もチェックすることが可能です。

1センテンスが短い時はいいですが、長いと覚えられないということがおきます。

そういう時は適当なフレーズごとに区切って行えばOKです。

デメリットは、聞いてから少し時間が経つため自分流の発音になってしまうことがあります。

脳内シャドーイング

文字通り頭の中でシャドーイングを行います。

シャドーイングから完全に口に出すという行為を排除してるので、発音に関しては効果は期待できません。

聞くと言う行為に集中できるので効果的にリスニング力を上げることが可能です。

そもそもシャドーイングの目的は、英語を漫然と聞くだけになるというのを防ぐことです。

これは脳内のシャドーイングでも十分に達成されます。

頭の中だけだと聞き流してしまう方は口パクで行うのもアリです。

発音などは別の方法で練習すればOKです。

シャドーイングを出来るようにする(慣れる)

コツは以下の二つです。

  • 英語力を向上させることはとりあえず忘れる
  • シャドーイングの教材のレベルはとことん下げる

とにかく、まずはシャドーイング自体に慣れることです。

『聞きながら声に出す』と言うことを考えなくても出来る当たり前の作業にしてしまいましょう。

「簡単な教材なら出来る」ということを認識してから自分にあったレベルのものに上げていけばいいと思います。

まとめ:シャドーイングを日本語で出来るかチェックしよう

自分にとってシャドーイングが難しいのか認識するところから始めたほうがいいです。

正しいやり方でシャドーイングをやってるのに成長が無いと感じているなら、日本語で出来るかチェックしてみてください。

シャドーイングは適性があったとしても、とんでもなく難しい練習方法です。

出来ると効果の高いですが、それにかかる労力を考えてコスパのいい方法を選択してください。

挫折しない英語学習
自習無し!レッスンの中で復習
最適なタイミングでレッスン

キャンペーン中の今がお得!

おすすめ英語アプリ【ストーリーが重要な理由を解説】
おすすめ【厳選】英単語アプリ一覧
おすすめDaiGoさんも利用する挫折しない英語サービスとは?