『中学歴史 完全記憶』

社会の歴史の勉強に使えるアプリはないかな?
『中学歴史 完全記憶』というアプリのレビューが高いけどどうなんだろう?
どんな風に使えばいいのかな?

という疑問にお答えします。

『中学歴史 完全記憶』は中学社会の歴史の内容を効率よく記憶するためのアプリです。

このアプリの使い方は二つ考えられます。

  • 時間が無い時に歴史の重要項目だけでも覚えるために使う
  • 歴史の勉強の復習をするタイミングを計るために使う

この記事では『中学歴史 完全記憶』の機能とおすすめの使い方について紹介します。

勉強アプリ『中学歴史 完全記憶』定期テストや高校受験に役立つ機能

  • 全ての項目を覚えるため振り分けて覚える
  • 脳が忘れやすいタイミングで通知してくれる

全ての項目を覚えるため振り分けて覚える


使い方はシンプルです。

順に表示される中学歴史の重要項目を知っているか知らないかを振り分けるだけです。

知らなかったら答えを見て覚える。

自信をもって覚えていたら「バッチリ」、知らなかったり自信が無いなら「不安」をタップ。

「不安」を選んだ項目は何回か表示されるので、その都度に記憶していきます。

脳が忘れやすいタイミングで通知してくれる


脳が忘れやすい時期になると通知が届き、
アプリを開くと項目が赤色で表示されるのでそれを復習すればOKです。

何度も繰り返すことで記憶が定着するようになります。

『中学歴史 完全記憶』のおすすめの使い方

  • 歴史の重要項目だけでも覚えるために使う
  • 復習をするタイミングを計るために使う

歴史の重要項目だけでも覚えるために使う


『中学歴史 完全記憶』のおすすめの使い方の一つは、時間が無い時に重要項目だけでも覚えるのに使うことです。

社会科のテストは、覚えていないと0点もありえます。

そこで『中学歴史 完全記憶』に出てくる重要項目だけでも覚えておけば違ってくるはずです。

時間が無い時の『中学歴史 完全記憶』の使い方

  • 『中学歴史 完全記憶』に出てくる重要項目を覚える
  • 教科書に一通り目を通す
  • 漢字の練習

一週間前からテスト勉強をやっているなら通知が来て2回くらいは上記をやる感じになると思います。
これだけでもかなりテストの点数は変わってくると思いますよ

復習をするタイミングを計るために使う


復習のタイミングを通知してくれる機能をメインに使うことです。

『中学歴史 完全記憶』に出てくる問題は、理解度のチェックくらいのイメージでOK。

歴史の勉強は、重要項目だけじゃなくその背景や関連する事を一緒に理解しなければなりません。

通知が来たら以下のことに気を付けて覚えましょう。

「いつ(when)」「どこ(where)」「だれ(who)」「なぜ(why)」「なに(what)」「どのように(how)」

『中学歴史 完全記憶』を使って関連項目や背景と一緒に何度も覚えることで効率よく暗記できると思います。

マインドマップなどを使うのもアリですよ。

『中学歴史 完全記憶』のおおまかな機能一覧と動作環境

動作環境は以下の通りです。

  • iOS 搭載のiPhoneやiPad。

下記のリンクからダウンロードできます。
Appstore

まとめ:効率よく歴史の重要項目を覚えられる

ほとんどの人がペンよりスマホを持っている時間の方が長いので、
アプリを使うのは効率的だと思います。

『中学歴史 完全記憶』は記憶するのに最も効果の高いタイミングで復習を促してくれます。

高校受験や定期テストで結果を出したい方は『中学歴史 完全記憶』を使ってみてはいかがでしょうか?

おすすめ【中学生の勉強】やる気、計画、やり方
おすすめ【中学生の勉強アプリ30選】
おすすめ【有料だけど最強】小学生・中学生勉強アプリ