名刺を撮影するだけでデータベース化してくれるアプリ「Wantedly People」は2018年11月1日から年賀状を無料で送れるサービス「Wantedly 年賀状」を開始しています。
「Wantedly 年賀状」と現在、実施中のキャンペーンについて紹介します。

Wantedly 年賀状とは

Wantedly Peopleで名刺をスキャンした名刺交換相手に対して、日本郵便発行のお年玉付き年賀はがきを無料で作成・郵送できるサービスです。
先着5万枚まであれば何枚送っても無料です。
名刺から3ステップで無料で年賀状を投函してくれます。

Wantedly Peopleとは

無料名刺管理アプリで人工知能が複数の名刺をリアルタイムで解析 即時データ化できます。
2016年11月のリリースからこれまでに300万人のユーザーを獲得しているようです。
Appstore
google play

Wantedly 年賀状の使い方

  1. Wantedly Peopleを起動して年賀状作成アイコンをタップ。
  2. 用意されたテンプレートを選ぶ。
  3. 名刺情報の中から年賀状の受取人を選ぶ

これだけで年賀状を送ることが出来ます。
受取人には前もって住所確認メールが送られるため会社宛ではなく自宅宛に受け取り住所を指定することもできます。

元旦に届かせるためにはいつまで?

2018年12月22日中に作成を行えば元旦に間に合います。

まとめ

紙の年賀状を送れば名刺の交換のみで会う機会が無かった相手ともつながりを育む機会となるかもしれません。
制限の5万枚に達するまであれば無料で利用できます。
まだ年賀状を作成していない方は「Wantedly 年賀状」を試してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事