金融機関の取引データの取得と一括管理できる小規模企業の経営者や個人事業者を対象としたスマートフォンアプリ「スマホ社長」を紹介します。

スマホ社長とは?

スマホ社長は、全国99%の金融機関に対応しており取引明細を自動で取り込み、キャッシュの流れをスマホで日々確認できる経営者向けアプリです。
会社の今の財務状況だけでなく、将来の資金ショート等をリアルタイムに予測するなど、経営に役立つ情報をスマートフォンで確認することが出来ます。

スマホ社長

こういう人におすすめ

  • 銀行取引が多い
  • 日々の資金繰りや口座残高の管理をあまり把握できていない
  • スマホで経営状況を把握したい

主な機能・特徴

口座情報の取り込み

金融機関のインターネットバンキングと連携し、登録した口座情報等を取り込みます。

口座一元管理

登録した口座情報から、合計残高や残高推移を確認できます。
口座別に残高や明細を確認することも可能。

環境

iOS 10.0以降に対応.
Android版も提供予定

API連携

「スマホ社長」では、セブン銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行で入出金明細照会と残高照会が、API連携で行えます。
API連携による方式では、ログインID・パスワードをサービスを提供する事業者側に預けることなく、残高や入出金情報の自動取得を行えます。

取得・ダウンロード

android版はリリース予定ですが現在はまだ利用できません。
Appstore

まとめ

「スマホ社長」を使えば、会社の現在の財務状況を、会計帳簿よりも手軽に確認でき本来の業務に集中出来るようになります。
何より無料でご利用できるので、小規模な会社の社長や個人事業者の方は試してみてはいかがでしょうか?