2018年5月21日より三井住友銀行が提供する法人向けインターネット版外国為替取引サービス「Global e-Tradeサービス」で確認書類のアップロードと送金処理のチェックが可能になります。
また三井住友銀行と日本総研とNECは送金チェック機能の精度向上のために人工知能技術群「NEC the WIZE」等の実証試験を行いさらなるサービスの向上を図るようです。

「Global e-Tradeサービス」って何?

「Global e-Tradeサービス」とは、法人向けインターネット版外国為替サービスです。
インターネットを介して外国為替取引で必要な書類の授受ができます。

費用は?

初期契約料が54000円で

月額利用料金

サービス名 月額利用料金(EB手数料)
仕向・被仕向送金サービス 5,400円
輸出LC到着案内サービス 10,800円
輸出手形買取・取立依頼サービス 10,800円
輸入LCサービス 5,400円
外為取引情報サービス 5,400円

Global e-Tradeサービス<デビュー>タイプについては月額2160円で最初の4ヶ月間は試用期間ということで無料で利用できます。

下記のリンク先のページでフォームに入力することで資料請求が行なえます。

「NEC the WIZE」とは

「NEC the WIZE」は様々な社会課題や、ビジネス課題を解決するための最先端AI技術群です。

AI技術群

NECのAIは1つの汎用的なAIが全てを解決するのではなくそれぞれの問題に適したものをAI技術群が対応します。

おすすめの記事