三井住友ファイナンス&リースが11月5日に「MFクラウド会計・確定申告」を通じて「オンラインリース」を開始したと発表しました。
2018年の5月に株式会社マネーフォワードと三井住友ファイナンス&リースはクラウド会計ソフトとインターネットを介在して提供するリースや延払サービスに関する業務協定を
締結致しており今回はそのサービスが開始されたということになります。
クラウド会計ソフトにおけるリースや延払の提供は国内でで初めてのケース。

MFクラウド会計・確定申告

株式会社マネーフォワード社が提供するクラウド型の会計サービスで国内2位のシェアを誇ります。
シェア1位は弥生で3位がfreee

他のクラウド会計サービスと違い機能は制限されるものの無料のプランを用意しています。

株式会社マネーフォワード

個人向けサービスとして資産管理・家計管理ツール「マネーフォワード」を提供していてそのほかにも金融関係の様々なサービスを提供しています。

三井住友ファイナンス&リース

三井住友ファイナンシャルグループで様々な業務で利用する設備のリースを手掛けています。
リースだけではなくファクタリングや立替払いなど特殊な資金調達方法をサポートするほか売掛債権の貸倒を保証するリスクマネジメント分野の業務も行っています。

まとめ・感想

クラウド会計を通じてリースを行うことで迅速に審査出来、ユーザーにとってもどちらにもメリットがあります。
またクラウド会計との連携はリースだけでなく通常の融資にも利用出来るのでこれから新しいサービスが生まれてくる可能性を秘めています。
クラウド会計が個人の分野にまで広がればクラウド会計を通じて住宅ローンの審査が出来るなんて日もやってくるかもしれません。

おすすめの記事