三井住友銀行の住宅ローン審査アプリ「住宅ローン審査申込アプリ」をご紹介します。
「住宅ローン審査申込アプリ」を使えば質問に答えていくことで必要な書類を確認し必要書類をカメラで撮影してアップロードすることで住宅ローンの審査を申し込むことが出来ます。
借り入れ選択
※「お借り換え」を選んだ場合はweb上での申込みになります。

このアプリのメリットは?

来店せずにいつでもどこでも住宅ローンの審査出来る

これはwebサイト上の住宅ローン審査も同じですがメンテナンス時間などを除けばネット環境があればいつでもどこでも審査を申し込むことが出来ます。

必要な書類がわかる

質問に答えていけば必要な書類を提示してくれます。
ネット上には住宅ローンに必要な書類の情報はたくさん出てきます。
しかし、それぞれの買うのが一戸建てかマンションか新築か中古か建物だけのためなのか土地込なのかなど条件によって必要な書類が変わってくるので正しく必要な書類を揃えるのは大変です。
質問に答えていくだけで必要な書類がわかるのはとても助かります。

中断して途中から始める事ができる

審査の途中で内容を保存することが出来るので必要な書類を確認したところで保存をして必要な書類が揃ってから審査の続きを行うということも出来ます。
web上からだと保存が出来ないまたは出来るものでも事前にユーザー登録が必要だったり口座を持っていてネットバンキングが利用可能でなければならなかったりします。)

アプリからのお問い合わせ

わからないことがあれば電話アイコンをタップしてお問い合わせ出来ます。

「住宅ローン審査申込アプリ」の流れ

住宅ローン審査申込アプリの流れ

  1. 申込みの注意点の確認
  2. 必要な書類の確認:住宅ローンの使いみちや申込み人数などを入力して必要な書類を判定
  3. 必要な書類の準備
  4. 申込みの確認事項を確認し申込みスタート
  5. 必要書類の撮影または保存してある必要書類の画像をアップロード
  6. 申込み内容を入力

アプリを使えば審査は通りやすい?

住宅ローンの審査が通りやすくなるということはないようです。

「住宅ローン審査申込アプリ」の費用は無料

「住宅ローン審査申込アプリ」は無料でインストールして使用することが出来ます。
アプリ内の課金もありません。

三井住友銀行の住宅ローンの審査基準

一般的な水準であって必ずしも下記の通りではありません。

年齢 借入時点に万20歳以上満70歳,完済年齢80歳まで
最低必要年収 特になし(300万以上が望ましい)
勤続年数 1年以上(3年以上が望ましい)
返済比率 300万未満30%,300万以上35%,400万以上で条件が良ければ40%
審査金利 4%程度

三井住友銀行の住宅ローン諸費用

保証会社手数料 3万2400円
保証料 融資金額×2.061%
繰り上げ返済手数料 無料~1万6200円

まとめ・感想

必要書類がわかったところで審査を中断して内容を保存することが出来るのがとても便利でした。
web上の審査フォームだと事前に必要書類を用意して置かなければまた1からやり直しになっていたので。
特に難しい操作はなく難しそうな住宅ローンの審査が簡単に出来るので三井住友銀行の住宅ローンを検討してる方は使用してみることをおすすめします。

おすすめの記事